WEBデザイナーにサーバーレスでサイトを立ち上げられるか? その② 接触編

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

お疲れ様です。ONAYAMIです。|д・´)

前回、S3でページを公開するところまで進んだのですが…

WEBデザイナーにサーバーレスでサイトを立ち上げられるか? その①

この状態は、ただ表示を出来るようにしただけ!

こんなだらだらと長いユニークアドレスで公開する訳にはいかない!

用意しているドメインに紐づけなければ!!٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

というわけで、今回はS3で公開した静的サイトの独自ドメインへの紐づけです。

まず、ドメインは今回、ムームードメインにて「sabacan.info」というモノを購入いたしました。

くまさんが可愛いですね

「Route53」を使って、こちらのドメインを紐づけていきます。

「Route53」はAWSに用意されている「DNS」サービスですね!

(;・∀・)「DNSってなんなん?」

「ドメインネームシステムですよ。」(・∀・;)

Amazon Route 53

(;・∀・)「なるほど!超理解しました!」

 

初めてみましょう。

サービス一覧より、ネットワーキング & コンテンツ配信のカテゴリーから、Route53を選択。

初期メニューより、「DNSmanagement」を選びます。

そのまま「Create Hosted Zone」を選択

さらにページ上部の「Create Hosted Zone」のボタンを押すと、画面右にフォームが表示されます。

こちらの「Domain Name」に、準備しているドメイン名。

「comment」には適当な解説を。「Type」はデフォルトのままで、「Create」ボタンを押します。

「Create Record Set」のタブに移行します。

これは、「Create Hosted Zone」で設定したドメイン設定の中身になります。

type「NS」の中にある「NSレコード」は記録しておきます。

さらに、今回表示させたい「www.sabacan.info」のレコードを追加します。

設定の方法は2種類あり、上記「Edit Record Set」の中で「Type」のタブで「A-IPv4 address」を選んだ場合、「Alias」で「No」を選択し、「Value」の中にはIPアドレスを記述します。

しかし今回は、現状揃っているデータで設定しようと考えました。

「Type」のタブで「CNAME」を選び、「Alias」で「No」を選択、「Value」の中にはS3のエンドポイントを記述し、「Save Record Set」ボタンを押します。

 

さて、ここで、ムームードメインにもどります!ε=ヾ(。 ̄∇ ̄)ツ

サービス、サイトによって違うと思いますが、所得しているドメインの中にある「ネームサーバー」の設定に、

先ほど記録していた「NSレコード」、4っのアドレスを設定します。

これでOK!設定の反映を数時間待てば…「www.sabacan.info」で、サイトが表示されるようになりました!

なになに?すっごーい!ヾ(*・∀・)/

 

しかし…この状態では、「http://www.sabacan.info」になっており、SSL化がされてません!

しかも、「http://sabacan.info」はリダイレクトはおろか、表示されない…(((( ;゚Д゚)))

 

GoogleがSEOにおいてSSL化を重要視している昨今、これはまずいのです!

という訳で、次回はサイトのSSL化、CloudFlontへの挑戦です!

 

ちなみに今回制作したサイトはこちらから~

(`・ω・)っ サーバー屋のサバ缶WEB

投稿者プロフィール

onayami23
onayami23
WEBデザイン歴10数年の匠。しかし今や、マウンテンサイクルに埋もれた技術を武器に新たな敵に立ち向かう一年戦争前史の旧型兵器フレンズなんだって。すっごーい!(゚∀゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

WEBデザイン歴10数年の匠。しかし今や、マウンテンサイクルに埋もれた技術を武器に新たな敵に立ち向かう一年戦争前史の旧型兵器フレンズなんだって。すっごーい!(゚∀゚)