AWS SNSを利用しSMS送信に任意の送信者名を利用する

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWS SNSを利用し、SMS送信に任意の送信者名を利用出来るか試してみました。
後述しますが、今回はAWSマネジメントコンソールでのみ実施してみましたが、APIでもサポートされているようです。(未検証)

目次

手順

SNSダッシュボードのテキストメッセージングの設定を開く

SNSダッシュボードへアクセス → テキストメッセージング(SMS) のリンクをクリックします。
すると デフォルトの送信者IDという欄がありますので、こちらに任意の文字列を入力します。

メッセージを発行

試しにメッセージをPublishしてみます。

届いたSMSを確認

上の物がコンパネにてデフォルト送信者IDを指定した場合、下の物が何も設定をしない状態で送信した場合となります。

まとめ

AWSマネジメントコンソールより、簡単にSenderIDを変更する事が出来ました。
但し複数のアプリケーション等で送信する際には下記のようにAPIを利用して送信する必要があると思います。

下記に記載がありますが、APIを利用した送信では Message の Attribute に AWS.SNS.SMS.SenderID を指定すれば良いとの事でした。

但し、全ての国でサポートされているわけではなさそうなので、お気を付け下さい。

送信者 ID のサポートについては、国によって異なります。 たとえば、米国の電話番号へ配信されるメッセージは、送信者 ID を表示しません。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sns/latest/dg/sms_publish-to-phone.html

投稿者プロフィール

takashi
開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て
2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております

機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。
個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も
実施しております。

スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て 2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております 機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。 個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も 実施しております。 スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!