【アプリケーション開発者必見!】Amazon ECSでコンテナ化!?

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

皆さん、おはようございます!

そろそろ待ちに待ったゴールデンウイークですね、

私はバイクが好きなのでどこか遠出して美味しいものでも食べようかなと考えてます。

どうも新規バイク野郎担当こと、藤本です!

今回は、Amazon Elastic Container Service(ECS)についてご紹介させていただきます!

目次

今回のテーマは、Amazon ECSです!

「Amazon ECS」の画像検索結果

コンテナとは?

ECSをご紹介する前にコンテナについて少し語らせてください…

1つのOS上に隔離された複数の区画領域を用意して、アプリケーションを実行するための技術です。

コンテナといったらDocker!とよく聞きますが、正確に言うとDockerはコンテナではないのです。

コンテナはOSやAD、IPアドレスなどのリソースを個々のアプリケーションで占有できる環境に

する少し便利な機能です。

Dockerはこの機能に改良を加えたコンテナの管理技術なのです。

元々は、DotCloud社のエンジニアが自社のPaaSへお客様のアプリケーションを

簡単に移行できるように開発設計をしたのが始まりです。

現在は、オープンソースとして公開され多くのエンジニアからコンテナ管理の

デファクトスタンダードとなってますよね。

さて次より本題へ移っていきましょう!

Amazon ECSとは?

◆Amazon ECSとは、AWSが提供するDockerコンテナをサポートする拡張性と

パフォーマンスに優れたオーケストレーションサービスです。

※オーケストレーションとは、様々なシステムやサービスの配置/設定/管理を自動化を指します。

さて何ぞやと思いますが、簡単に言うと…

アプリケーションの開発に専念したい!インフラ基盤を一から構成するのは面倒!

だからあらかじめ設定を保存して必要な時に呼び出してすぐアプリ開発ができるようにしちゃえ!

というプロダクトです笑

さらにAWSプロダクトとの連例も簡単に行えるので、ECSでアプリケーションを

起動したら自動的にALBに紐づけたり、削除したらALBから外したりということができます!

Amazon ECSの利用料金

Amazon ECSには2つの料金モデルがあります。

 

◆EC2起動タイプモデル

ECS自体に対して料金は発生せず、起動したEC2・EBSに対して課金されるモデル

料金体系も従来と何ら変わりません!

 

◆Fargate起動タイプモデル

起動したFargateのCPU・メモリに対して課金されるモデルです。

FargateとはAWSが提供しているサービスで、ざっくりいうとサーバレスでコンテナの

技術が使えます。※現在の対応リージョンはUS Eastのみとなっています。

 

なんと、ECS自体は実質無料で使えるサービスなんです・・・笑

まとめ

今回はAmazon ECSについて簡単にまとめました!

サーバ関係のご相談はぜひスカイアーチへお問い合わせください!

投稿者プロフィール

as2gsky-sales
as2gsky-sales
営業部隊でありながらも、AWS、クラウドの知見に優れたメンバーで組織されたスカイアーチ・アカウントセールスグループ。
これまでも多くのお客様をサポートし、ビジネスの成長に携わってきた実績を持っています。
AWS有資格者も含めるチーム体制で、お客様の相談を聞かせて頂き、問題解消へと導きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

営業部隊でありながらも、AWS、クラウドの知見に優れたメンバーで組織されたスカイアーチ・アカウントセールスグループ。 これまでも多くのお客様をサポートし、ビジネスの成長に携わってきた実績を持っています。 AWS有資格者も含めるチーム体制で、お客様の相談を聞かせて頂き、問題解消へと導きます!