【BIツールをご検討の皆様へ!】 MotionBoard Cloudのご紹介

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

みなさん、こんにちは。

みんなの王子様こと、浅尾です。

今回は、当社でも活用しているBIツール、MotionBoard Cloudについてご紹介させていただきます。

目次

MotionBoard Cloudとは?

MotionBoard Cloudは、「データの可視化」により企業のパフォーマンスを高めるBIダッシュボードです。

例えば、自社独自でExcelで管理している売上データ、過去に実施したキャンペーンのアンケート結果などMotionBoard Cloudに連携させるだけで、シンプルかつキレイなチャートを作成でき、そこから更なる売上UPに繋げる分析をすることが可能な製品です。

6つの特徴

1.柔軟なデータ連携

SFA/CRMやPOSデータ、会計データ、予算数値など複数システムのデータを連携して可視化。

1つのボードに必要な情報を集約できます。

2.画面表示が早い

100万件を1秒で表示する、高速集計データストレージを搭載。標準で約1,000万レコードまで蓄積できます。スナップショットで過去との差分分析も可能となります。

3.第三者データを月額利用

居住人口データ、移動人口データ、気象データ、事業者施設情報等の第三者データを月額で利用できます。

4.入力を促進

入力機能を搭載。例えば案件状況を確認しながら同じ画面で活動入力ができます。営業マンの活動入力を促進し、より多くの情報がSFA/CRMに蓄積されます。

5.GISとBIを融合

Mapion上に顧客/販売データを表示可能。地図と集計結果を組み合わせて、エリアマーケティングや効率的な訪問ルートの作成ができます。フィールドセールスの活動を促進します。

6.レポート業務の効率化

Excel、PPT、PDFに集計結果をレポート出力し、メールで自動配信が可能。関係者へ集計結果を報告・共有する業務を強力にサポートします。

スカイアーチでの利用実績~サーバー管理で「楽しく働く」~

当社でもMotionBoard Cloudを活用しております。

1.エンジニアの頑張りを見える化

2.運用しているシステムの状態の見える化

3.次の行動を誘導してくれるような見える化

対応したインシデント数を見える化したり、ブログ投稿のランキングを出してみたり。また、当社ではBacklogを利用してチケット管理をしていますが、ステータスごとのチケット数を表示させ、期限が切れたり近づいてきたものについてはSlackと連携させて担当者に通知させる等、「楽しく働く」をテーマに色々と試行錯誤しています。

 

まとめ

今回はMotionBoard Cloudについてご紹介をさせていただきました。

自社でも利用しているからこそ、お客様のやりたいことにもコミットできる。

もしご興味ある方いればお声がけください!

投稿者プロフィール

as2gsky-sales
as2gsky-sales
営業部隊でありながらも、AWS、クラウドの知見に優れたメンバーで組織されたスカイアーチ・アカウントセールスグループ。
これまでも多くのお客様をサポートし、ビジネスの成長に携わってきた実績を持っています。
AWS有資格者も含めるチーム体制で、お客様の相談を聞かせて頂き、問題解消へと導きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

営業部隊でありながらも、AWS、クラウドの知見に優れたメンバーで組織されたスカイアーチ・アカウントセールスグループ。 これまでも多くのお客様をサポートし、ビジネスの成長に携わってきた実績を持っています。 AWS有資格者も含めるチーム体制で、お客様の相談を聞かせて頂き、問題解消へと導きます!