最近の気になるAWSアップデート集

はじめに

ブログ初投稿、アカウントセールスグループの藤澤です。

たまに出てくると思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

早速ですが、今回は独断と偏見に基づいて

最近の気になるアップデートについてまとめていきます。

基本的にAWSの公式ブログで気になったものを引っ張ってきています。

 

・AWSのアップデートは回数が多すぎて、全部チェックしている暇はない・・・

・サーバーレスなど最新のサービスは使わない、シンプルな構成で利用している

・技術的なことにはあまり興味がないが、費用セキュリティの情報は知りたい!

といった方向けです!

 

アジェンダ

EC2のインスタンスタイプが増えました!

今年に入りC5、M5、T3、さらに9月27日からはR5が

東京リージョンでも利用できるようになりました。

 

AWSの特徴として、新しいものの方が低価格かつ高品質という点があります。

出来るだけ新しいものを利用することで、最大限のメリットを得ることができます!

↓各インスタンスタイプの詳細はURLをご参照ください。

*C5(コンピューティング最適化)

既に他リージョンでは使えたが、今年4月から東京リージョンでも使えるように。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/04/amazon-ec2-c5-instances-are-now-available-in-seoul-and-tokyo-regions/

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/09/amazon-ec2-c5d-instances-are-now-available-in-tokyo-and-sydney-regions/

*M5(汎用)

既に他リージョンでは使えたが、今年4月から東京リージョンでも使えるように。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/04/amazon-ec2-m5-instances-are-now-available-in-tokyo-and-sao-paulo-regions/

*T3(バースト可能パフォーマンスインスタンス)

2018年8月21日に発表、東京リージョンでも利用可能。

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-t3-instances-burstable-cost-effective-performance/

※T3はデフォルトでUnlimited モードになっています!想定外の課金にはご注意を・・・

 

*R5(メモリ最適化)

2018年9月27日、最新リリース!

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/now-available-r5-r5d-and-z1d-instances/

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-ec2-instance-update-faster-processors-and-more-memory/

データ転送料が値下げされました!

2018年9月1日よりEC2およびS3データ転送料とCloudFrontデータ転送料が

最大34%の値下げとなりました。10TB以内のデータ転送でも19%の値下げとなっています。

嬉しいお知らせですね!

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-data-transfer-price-reductions-up-to-34-japan-and-28-australia/

昨今の異常気象への対応についてのAWSからのコメント

先週末も大型台風24号が日本列島を縦断し、大きな被害が出ました。

異常気象や天災が続く中、データの安全性について心配な方々も多いと思います。

 

世界規模でもハリケーンなどが多く発生しており、AWSからもコメントが発表されました。

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-ready-for-the-next-storm/

こういった機会に、構成見直しをしてみるのもいいかもしれません。

セキュリティについての動画が公開されました!

AWSでは様々なセキュリティサービスが提供されておりますが、7月27日に

データセンターの体制やセキュリティサービスの紹介動画が公開されました。

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/introducing-security-video-series/

一度確認しておきましょう!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はAWSの気になるアップデートについて特集させていただきました。

 

構成の見直し、新規構築についてはぜひスカイアーチまでお問い合わせください。

 

投稿者プロフィール

as2gsky-sales
as2gsky-sales
営業部隊でありながらも、AWS、クラウドの知見に優れたメンバーで組織されたスカイアーチ・アカウントセールスグループ。
これまでも多くのお客様をサポートし、ビジネスの成長に携わってきた実績を持っています。
AWS有資格者も含めるチーム体制で、お客様の相談を聞かせて頂き、問題解消へと導きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

営業部隊でありながらも、AWS、クラウドの知見に優れたメンバーで組織されたスカイアーチ・アカウントセールスグループ。 これまでも多くのお客様をサポートし、ビジネスの成長に携わってきた実績を持っています。 AWS有資格者も含めるチーム体制で、お客様の相談を聞かせて頂き、問題解消へと導きます!