【AWS re:Invent2019】AWS Deep Composerを入手した話

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

re:Invent2019に初参加している幕田です。
今回発表された「AWS Deep Composer」を現地で入手したので、その入手方法をご紹介します。

Midnight Madnessでの発表

DeepComposerとは

引用

Posted On: Dec 1, 2019

Developers, press play on machine learning. We are excited to announce the preview of AWS DeepComposer, the world’s first machine learning-enabled keyboard for developers. Get hands-on, > literally, with a musical keyboard and the latest machine learning techniques to compose your own music.

With AWS DeepComposer keyboard, you can create a melody that will transform into a completely original song in seconds, all powered by AI. AWS DeepComposer includes tutorials, sample code, > and training data that can be used to get started building generative models, all without having to write a single line of code.

Generative AI is one of the biggest advancements in artificial intelligence technology, and until now, developers interested in growing skills in this area haven’t had an easy way to get > started. Developers, regardless of their background in ML or music, can get started with Generative Adversarial Networks (GANs). This Generative AI technique pits two different neural > networks against each other to produce new and original digital works based on sample inputs. With AWS DeepComposer, you can train and optimize GAN models to create original music.

To learn more and to sign up to the console preview visit the AWS DeepComposer webpage. The AWS DeepComposer keyboard will be available to purchase for $99 in early Q1 2020. Sign up to get > notified when it’s released.

DeepComposerの入手方法

紹介はこれくらいにしておいて、本題のDeepComposerの入手方法について記載します。

結論から言うと、「AIM223」から始まる下記のようなワークショップに参加すると入手できます!!ただ、セッション終了時に直接はもらえないのでもらえません。(私はこれがずっとわからず講義中ずっとドキドキしてましたw)
DeepComposerの受け取り方は後ほど紹介します。

ちなみに、私は下記セッションを受講しました。

AIM223-R3 — [NEW LAUNCH!] [REPEAT 3] AWS DeepComposer: Get started with generative AI

ワークショップ概要

約2時間でDeepComposerについての入門ができるワークショップになっています。
ワークショップの内容は主に2本立てとなっています。

  • 機械学習・DeepComposerとは?のようなセッション
  • サンプルコードを使ったワークショップ

ワークショップで利用したサンプルコードは下記になります。
サンプルコード

現在はプレビューなので、セッション参加者以外はブラウザ上の仮想キーボードもいじることもできません。。

受け取り場所

肝心のDeepComposerの受け取り方法ですが、
ヴェネチアン会場のレジストホール(EXPOの入り口前のスペース)にて新品のDeepComposerを受け取ることができます。
↓の看板があるところが目印です。

実際に入手した実機がこちら

「DeepComposer使ってみた」的な話については別でまとめようと思います。

まとめ

すでにセッションはいっぱいになってしまっているようですが、Walk-Upなら入手のチャンスがあるかもしれません!
私がレジストで15分前にセミナー会場入りしたときには、すごい行列だったので
もしかすると1時間以上前に並ぶ覚悟が必要かもしれません。。。

実機を入手する機会ですので、現地にいる方は挑戦してみてはいかがでしょう?