AWS re:invent 2014 day1 新サービス発表

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

re:invent 2014 初日のkeynote にて Andy Jassy氏から新サービスが次々と発表されました。

有り難い事にkeynote で発表されたと同タイミングで「Amazon Web Services ブログ」でも翻訳された内容が公開されています!濃い内容のリリースラッシュでラスベガスは興奮気味ですが、内容をご確認頂ければ現地での興奮が少しは伝わるのではないかと思われます。

keynoteで発表された内容は全部で7つ。

  1. Amazon Aurora
  2. AWS CodeDeploy
  3. AWS Code Pipeline
  4. AWS CodeCommit
  5. AWS Key Management Service
  6. AWS Config
  7. AWS Service Catalog

 

まとめると、こうなる。

974744_741438895911473_388489435_n

 

ちなみに、re:invent 開始前にもいくつかのリリースはされています。明日のkeynoteでも何か新しいものが発表される可能性があるので、トータルするとものすごい量のリリースになりそうです。AWSの成長度合いの1つの指標として見てもいいのではないかと思います。

 

各サービスの詳細は AWSブログ で確認しましょう!最新情報が日本語でも判るのは有り難いですね!

 

個人的にはAuroraも気になるのですが、クラウドの構成管理のAWS configもかなり気になるところです。まだ、Previewという事でUS East (N. Virginia)しかサポートされていませんし、対応しているリソースもEC2周りとCloud Trailのみのため、まだまだこれからだとは思いますが、クラウドの構成管理が1つの大きな問題となっていたため今後に期待です。

 

と言いつつ、Limited Preview 申し込みをしました。

気になる人は ここ からお申込みを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.