Windowsタスクスケジューラで実行するタスクが明らかに遅い場合の対処法

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

困った事

作成したスクリプトを実行した所
タスクスケジューラ経由だととてつもなく実行速度が遅い事象が発生した

背景

robocopy を呼び出すスクリプトをタスクスケジューラで実施した所 12時間以上立ってもバックアップが終わらない
一方直接実行の場合、2,3時間で終了する。

調査結果

リソースモニタで動作を確認した所、直接実行/タスクスケジューラ実行の場合で
実行優先度が異なる事が分かった

タスクスケジューラから実行した場合 (I/O Priority: Low)

Win_Priority_low

直接実行した場合 (I/O Priority: Normal)

Win_Priority_normall

犯人

Windows7の開発環境にて作成したタスクをエクスポートしサーバにインポートしたのですが
エクスポート時にバックグラウンドタスクとしての優先度 7 が設定されている事が原因のようです。
こちらのXMLを開き Priorityを 6 に変更しインポートする事で、150GBのバックアップで10時間以上掛かって終わらなかったタスクが
2時間弱で終わるようになりました。

赤枠部分がエクスポートしたタスクの末尾部分に記載されている、Priorityとなります。
Win_Priority

謝辞

下記サイトを参考に修正しました

https://likemid.wordpress.com/2011/03/21/%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%8B%E3%82%89%E8%B5%B7%E5%8B%95%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%84%AA/

http://jinblog.at.webry.info/201103/article_14.html

投稿者プロフィール

takashi
開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て
2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております

機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。
個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も
実施しております。

スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て 2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております 機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。 個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も 実施しております。 スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!