【新機能】AWSの支払い通貨に日本円が追加

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、星です。

日本円を含めた11の通貨がAWSでの支払いに対応しました。

New – Set Preferred Payment Currency for your AWS Account
【AWS発表】 AWSアカウントへの支払い通貨の設定機能

 

・対応通貨

  • 日本円(JPY)
  • オーストラリアドル(AUD)
  • スイスフラン(CHF)
  • デンマーククローネ(DKK)
  • ユーロ(EUR)
  • イギリスポンド(GBP)
  • 香港ドル(HKD)
  • ノルウェークローネ(NOK)
  • ニュージーランドドル(NZD)
  • スウェーデンクローナ(SEK)
  • 南アフリカランド(ZAR)

 

お支払い通貨の設定変更は、Billing & Cost Managementのアカウント設定内[現地通貨設定]で変更が可能です。

en2

 

設定変更後は、為替レートも同画面で確認することが出来ます。AWS側(Amazon Services, LLC)独自の為替レートで換算されるようです。

注意点としては、マーケットプレイスとDevpayの支払いは対象外である点と、VisaとMastercard以外のクレジットカードは未対応である点でしょうか(JCBとAMEXは非対応のようですね泣)

 

・まとめ

請求を日本円に換算することが出来るので、視覚的にも金銭感覚的にもわかりやすくなるのは良いことですね!

会社等で利用しているアカウントの設定を変更する場合は、突然請求額が日本円に変わって混乱する可能性が考えられるので、事前に請求を担当している部署に相談して変更するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.