AWStatsの再集計方法について

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

目的

AWStatsデータを移行したい時、AWStatsの集計方法を変更したい時

再集計する為

所感

サーバスペックや集計したい期間にもよるが時間はかかるので期間を分けてやるのがお勧めです

注意> 古い順に実施しないと駄目っぽいので、気をつけて

 

流れ

データバックアップ

※失敗した時のことを考えて

マージファイル作成

※集計元となるファイル

データ集計ファイル作成

※集計ファイル

このファイルから解析結果を表示する

 

まずは旧データのバックアップを取ります。

デフォルトでは以下ディレクトリ配下

[/var/www/awstats]になります。

そこにもない場合は、[/etc/awstats/awstats.[FQDN].conf]中の[DirData]に指定しています。

例)

mv /var/www/xxxxx.txt mv /var/www/xxxx.txt_bk

 

 

マージファイルを作成します。

logresolvemerge.pl [アクセスログファイルA] [アクセスログファイルB] > [出力ファイル]

アクセスログ ・・・ ApacheなどのWebサーバのアクセスログ

出力ファイル ・・・ 出力したい場所とファイル名を指定

例)4月分をマージしたい場合

logresolvemerge.pl /var/log/httpd/[FQDN].log.201504 /var/log/httpd/[FQDN]-ssl.log.201504 > /var/log/httpd/201504All.log

 

 

集計ファイルを作成します。

/var/www/awstats/awstats.pl -updates -config=[FQDN] -logfile=[先程作成したマージファイル]

例)4月分を集計した場合

/var/www/awstats/awstats.pl -updates -config=[FQDN] -logfile=/var/log/httpd/201504All.log

 

④awstatsにアクセスして解析結果をみる

 

たったこれだけ。。。

後は時間、

★★マージファイル作成(1ヵ月分)
1.5H
★★集計ファイル作成(1ヵ月分)
2.5H

1ヵ月分だけ作成するのに約半日

元々のアクセスファイル容量は、70M

圧縮されて3Mぐらいでした。

ちなみに[logresolvemerge.pl]は圧縮ファイルとそうでないファイルを区別してマージしてくれるので楽チンでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.