AWSのCentOS7系で、ホスト名を固定する方法

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

だんだんと暖かい日が増え、すごしやすい気温となってきましたね。

さて、今回はAWSのCentOS7にて個人的に困った点と、その対処法について紹介致します。

タイトルにも書いていますが、AWSのCentOS7にてホスト名が普通にやると固定できません。
(AWSのCentOS6でこの問題は起きません)

「通常の物理サーバであれば、これでできたのに…」と感じる方も居ると思います。

 

その原因は

AWSで配布されているAMIイメージに含まれているcloud-initが
自動的にホスト名を書きかえるから

です。

対処法は簡単です。

cloud-initの設定で、ホスト名の自動設定を無効化する

です。

 

手順は下記となります。

cp -pi /etc/cloud/cloud.cfg /etc/cloud/cloud.cfg.org
sed -i -e '/update_hostname/d' /etc/cloud/cloud.cfg

この2行で自動設定が止まります。
(1行目はオリジナルのバックアップです)

あとは
”’
hostnamectl set-hostname [ホスト名] ”’
”’
/etc/hosts
の中に
[ipアドレス] [ホスト名] ”’
を書いて、再起動もしくは再度ログインをすればホスト名が反映されているはずです!

困った事があればコメント等も募集しています!

投稿者プロフィール

kenji
2013年入社の平成生まれです。

初めて触ったコンピュータはPC9821でダイヤルアップでした。
その時に鯖落ちや人大杉の対応をしてくださる鯖缶になりたいと憧れ、
みなさんのお役に立てればと思っております!
#今では個人所有のパソコン・サーバだけで20台ほどあります…。

サーバー大好き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

2013年入社の平成生まれです。 初めて触ったコンピュータはPC9821でダイヤルアップでした。 その時に鯖落ちや人大杉の対応をしてくださる鯖缶になりたいと憧れ、 みなさんのお役に立てればと思っております! #今では個人所有のパソコン・サーバだけで20台ほどあります…。 サーバー大好き!