MySQL 肥大化したibdata1について

MySQLのibdata1が肥大化し、ディスク容量を圧迫している場合が、たまにあるので。

データを削除しても ibdata1ファイルは小さくなりません。
基本的には、DBの作り直しです。

作成し直す手順は、他のサイトでも紹介しているので、省略し、
ここでは、作り直す上で 注意する点を記載しておきます。

①当たり前ですが、バックアップファイル用のディスクを用意しましょう。

②新しい大きなディスクボリュームを用意するのなら、問題ありませんが、
既存ボリュームに対して作り直す時は、バックアップ取得前に データの
お掃除をして下さい。お掃除しないとファイルサイズは小さくなりません!

③innodb_file_per_tableを設定しても、ibdata1は消さないでください。
InnoDBに必要な情報を格納するからです。

ibdata1には、下記などのデータが格納されます。
・InnoDBテーブルのメタデータ
・バッファ
・UNDOログ
ディスクも無限ではないので、ご注意をば。

投稿者プロフィール

ito
プログラマー、DBエンジニアを経て、2013年9月よりスカイアーチネットワークスに在籍しております。

現在、サーバ・ネットワークいろいろと奮闘中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

プログラマー、DBエンジニアを経て、2013年9月よりスカイアーチネットワークスに在籍しております。 現在、サーバ・ネットワークいろいろと奮闘中です。