【Zabbixシリーズ】Zabbix2.2をCentOS6にインストール

こんにちは、星です。

最近、Zabbixに触れる機会が多くなってきましたので、備忘録的な意味も含めて定期的にZabbix関連の記事を上げて行きたい思います。

今回は初回ということで、個人的な復習も兼ねてCentOS6にZabbix2.2(LTS)をインストールします。

 

・要件

インストール前に詳細な要件公式マニュアルを一読しましょう。

Zabbix Documentation 2.2 2要件

https://www.zabbix.com/documentation/2.2/jp/manual/installation/requirements

今回は検証なのでt2microでCentOS6を立ち上げてインストールを進めます。

OS起動後、SELinuxは事前に停止しておきます。

・インストール

まずはZabbix用DBにMySQLをインストールします。

MySQL5.0.3以上であれば動作はしますが、Zabbixの運用上DBのパフォーマンスは重要であるためMySQL5.6を選択しました。

# yum install http://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm
# yum install mysql-community-server.x86_64

Zabbixサーバーのインストールをします。

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm
# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent
インストール後、MySQLを起動してZabbix用のデータベースとユーザーを作成します。

mysql> create database zabbix character set utf8;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbixuser@localhost identified by '任意のパスワード';
mysql> exit

作成したデータベースに初期スキーマとデータをインポートします。

# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.9/create/

# mysql -uzabbixuser -p zabbix < schema.sql
# mysql -uzabbixuser -pzabbixpassword zabbix < images.sql
# mysql -uzabbixuser -pzabbixpassword zabbix < data.sql

これでデータベースの初期設定が完了しました。

次はZabbixサーバーの初期設定です。

zabbix.confにMySQLで作成したユーザー情報を反映させます。

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbixuser
DBPassword=任意のパスワード

以上でZabbixの初期設定は完了です。Zabbixを起動してみましょう。

# service zabbix-server start
Starting Zabbix server:                                    [  OK  ]

無事起動ができたら続いてZabbixで使用するPHPの設定を変更します。
デフォルトでzabbix.conf内にPHPのパラメータが記載されています。基本的にはデフォルトで問題はありませんが、スペックに余裕があれば変更しておきましょう。
ここではタイムゾーンの設定だけ日本に変更します。

# sed -ie "s/# php_value.*/php_value date.timezone Asia\/Tokyo/g" /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

httpdが起動していない場合は起動、起動済みの場合は設定反映のため再起動します。

# service httpd start
# service httpd restart

自動起動を有効にしていない方は有効にしましょう。

# chkconfig zabbix-server on
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on

以上で準備は完了です。

・Zabbixにログイン

早速Zabbixのログイン画面にアクセスしてみましょう。

初期アカウントでログインをしてみます。

ユーザー名:Admin  パスワード:zabbix

http://IPアドレス/zabbix/setup.php

z1

Nextをクリックして初期設定を進めていきます。

z2

 

Zabbixの要件事項確認画面です。全てOKであれば次に進みましょう。

z3

作成したMySQL用ユーザー情報を入力します。Test connectionをクリックしてOKが出ることを確認しましょう。

z4

 

port番号と名前を変更したい場合はこの画面で変更します。特に指定がない場合は次へ。

z5

設定の確認画面です。内容に誤りがなければそのまま進みます。

z6

以上で初期設定が完了です。

ログイン後、念の為初期パスワードは変更するようにしましょう。

 

・まとめ

簡単ですがインストールはこれで以上となります。次回以降は監視設定に踏み込めたらなと思います。

Zabbix3.0のリリースが待たれますが、リリース状況によってZabbix3.0の検証記事も上げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.