【速報】AWS新サービス

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

おはようございます。asaoです。

先程のキーノートでAWS新サービスの発表がありました。

 

テーマ:【これまでの不自由からの脱却】

・QuickSight

AWS製のBIツール。
・Amazon Kinesis FireHorce

これまでKinesisの課題として他のAWSプロダクトとの連携が今ひとつという点がありました。

今回の発表により、S3やRedshiftといったストレージやデータベースとシームレスに連携できるようになります。

 

・Amazon snawball

大量データのInport/Exportサービス。これまで自分たちで用意していた物理デバイス不要で、AWSへ50TB以上のデータをすぐに移行できます。

 

・MariaDB

RDSがMariaDBに対応しました。既に全リージョンで利用可能

 

・Database Migration Service
・AWS Schema Conversion Tool

オンプレにあるDBをRDSに移行する為のツール。対象エンジンは「MySQL」「Postgres SQL」「Oracle」「SQL Server」の4つで、オンプレにあるDBをRDSに簡単に移行することができます!また、継続的にオンプレDBとのレプリケートも可能。さらには、テーブルデータだけではなくスキーマ、パーティション、ストアドプロシージャ、ストアドファンクション等が変換されて移行されます。 もし変換できないものはその旨が通知されます。移行にかかるコストですが1TBを$3くらいで可能とのこと。

 

・AWS Config rule
コンプライアンスルールを追加できる。
これが満たされていないシステムであれば、アラートで通知してくれる。
例えばEBSの暗号化。満たされていないのであればそれを通知⇒対処

 

・Amazon Inspector
AWSで実行中のアプリケーションを動的に分析して、脆弱性を検知するセキュリティ系のサービス。

 

ビッグデータ関連・エンタープライズ向けのサービス祭でしたね。

詳細は追って!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.