CRONから送ったメールが文字化けしてしまう場合の対処法

こんにちは、松野です。
今回はCRONについての話です。

CRONの実行結果をメールで飛ばしている場合に、文字化けが発生することがあります。
原因は、CRONからコマンドを実行される場合、プロファイルが読み込まれないため文字コードが正しく設定されないためです。

文字化けを直すためには、以下のように文字コードのセットを先に行うよう設定しましょう。
以下の例は /etc/crontab に直接記載する場合です。

00 * * * *    [実行ユーザ]    export LANG=[文字コード]; [コマンド]

場合によっては合わせてLC_ALLも指定したほうがよいかもしれません。
ちなみに、設定できる文字コードは以下のコマンドで確認できます(日本語のみを表示する場合)。

locale -a |grep ja_JP

簡単ですが今回はここまで。
何かの参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.