コマンド ” sar “は優秀!

sar

こんにちは豊かな大島です。
こう日差しが激怒していちゃ、溶けてしまいますね。
塩と水をしっかり摂取して熱中症対策を徹底しましょう!

さて、今回は” sar “コマンドのお話です。
サーバ管理をしている際に、アクセス集中やメモリ使用率の履歴を確認するためにとても優秀なコマンドです。

過去に何が起きていたのかの手がかりを知るために”sar”を使います。
つまりシステムの統計情報を知るためのコマンドですね。

例えば、サイトに繋がりにくい、繋がらないとお客様から報告をいただきました。
と同時に、弊社の監視システムよりアラートを検知しました。

アラートの内容はHTTPアラートでした。
対象のweb_server1にログインをし調査をします。

sar“コマンドを使用し、オプション”-r“でメモリ使用統計履歴を確認します。
確認すると以下のコマンド出力では午前09:23にスワップ領域まで使い切っていることが確認できます。
この後、Apacheのプロセスが落ちてしまって、Apacheを再起動したことは言うまでもありません。

web_server1 $ sar -r

12:00:01 AM kbmemfree kbmemused  %memused kbbuffers  kbcached kbswpfree kbswpused  %swpused  kbswpcad
07:10:01 AM   2669088   1525392     36.37    128452   1179708   2104708     25204      1.18      2652
07:20:01 AM   2652344   1542136     36.77    128648   1180084   2104708     25204      1.18      2652
07:30:01 AM   2656260   1538220     36.67    128836   1180364   2104708     25204      1.18      2652
07:40:01 AM   2667548   1526932     36.40    128980   1180760   2104708     25204      1.18      2652
07:50:01 AM   2645536   1548944     36.93    129080   1181140   2104708     25204      1.18      2652
08:00:01 AM   2646380   1548100     36.91    129252   1182468   2104708     25204      1.18      2652
08:10:01 AM   2655744   1538736     36.68    129416   1182812   2104708     25204      1.18      2652
08:20:01 AM   2103972   2090508     49.84    129556   1183832   2104708     25204      1.18      2652
08:30:01 AM   2181900   2012580     47.98    129736   1184316   2104708     25204      1.18      2652
08:40:02 AM   1597796   2596684     61.91    129868   1185036   2104708     25204      1.18      2652
08:50:02 AM    436284   3758196     89.60       768     12692   2059420     70492      3.31     13344
09:00:02 AM   2144536   2049944     48.87      3288     26156   2099548     30364      1.43      3192
09:23:12 AM    260680   3933800     93.79      1384     16936     20136   2109776     99.05     92544
09:30:02 AM   3457260    737220     17.58      3992     49672   2124216      5696      0.27      2104
09:40:01 AM   3337376    857104     20.43      7804     64732   2124408      5504      0.26      1940
09:50:01 AM   3719540    474940     11.32     10132     81036   2124412      5500      0.26      1936
Average:      2591404   1603076     38.22    112790   1056432   2068913     60999      2.86      4360

 

次は、ロードアベレージも確認してみましょう。
オプションは”-q“です。

web_server1 $ sar -q

12:00:01 AM   runq-sz  plist-sz   ldavg-1   ldavg-5  ldavg-15
07:10:01 AM         5       110      0.00      0.02      0.00
07:20:01 AM         5       142      0.00      0.00      0.00
07:30:01 AM         5       119      0.21      0.38      0.18
07:40:01 AM         1       109      0.00      0.14      0.16
07:50:01 AM         1       138      0.00      0.02      0.07
08:00:01 AM         0       125      0.00      0.02      0.05
08:10:01 AM         3       129      0.00      0.01      0.02
08:20:01 AM         2       113      1.50      1.49      0.75
08:30:01 AM         3       114      0.86      0.80      0.65
08:40:02 AM         2       121      2.18      2.71      1.87
08:50:02 AM         9       117      6.52      4.62      2.93
09:00:02 AM         7       170      2.12      4.08      3.65
09:23:12 AM         5       275    139.17    102.69     61.82
09:30:02 AM         3       177      0.78     27.66     40.75
09:40:01 AM         6       219      0.04      3.94     21.53
09:50:01 AM         7       226      0.21      0.67     11.34
Average:            4       125      2.65      2.59      2.53

ldavg-1 は過去1分間のロードアベレージ
ldavg-5 は過去5分間のロードアベレージ
ldavg-15 は過去15分間のロードアベレージ

上の例では、メモリ統計調査の際と同様、午前09:23に高負担になっていることがわかります。
これによりサイトにアクセス集中があり、高負担になってサイトの閲覧が不可能になってしまったと推測できます。

このようにサーバに異常があった時間帯や、統計などを手早く確認したい場合
sar“コマンドはとても優秀なのです。”sar“コマンドを使うきっかけになっていただければ幸いです。

それでは今日はこのへんで
ごきげんよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.