Oustsystems Platform -一覧表を作ってみよう-

お久しぶりです!

前回の記事で、

Oustsystems Platformをインストールする手順

を書かせていただいた、 です。

前回の記事で、Oustsystems Platformはコードを記述する必要がない

プログラミングツールだということをお伝えしました。

 

早速ですが、作っていきましょう。

今回は実践第一弾として、

社員情報が入力されたエクセルデータを使用し、

社員の一覧表を作成していきます。

 

ますは下記URLをクリックしていただき、

エクセルのzipファイルをダウンロードして下さい。

http://www.bluememe.jp/download/RetoolMaterials.zip

 

ダウンロードができましたらファイルを解凍したのち、
下記のリンクからOutsystemsのホーム画面に移動し、

ログイン情報を入力して下さい。

http://www.outsystems.com/home/

 

マイページに移動したら、

画面下部の「CREATE APPLICATION…」をクリックして

Outsystemsを立ち上げて下さい。

テックブログ①

 

立ち上がったら、大きな3つの項目のうち、真ん中の「New Applicatipn」を選択し、

「Skyarch」と入力して、SAVEをクリックして下さい。

テックブログ② テックブログ③

 

これでモジュールが作成されました!

CREATE MODULE」をクリックしてプログラミングを始めましょう!

テックブログ④

 

まずは、画面右上のDataレイヤを開き、

Entitiesフォルダを右クリックして「Import Entities form Excel…>」を選択します。

テックブログ⑤.5

 

ファイル選択画面でにて事前にダウンロードしたファイルから、

従業員のサンプルデータが入ったExcelファイルを選択します。

ここから一覧表を作成していきます。

 

「Interface」レイヤを開き、

ScreenFlowフォルダの「MainFlow」をダブルクリックして開きます。

テックブログ⑦

 

再度Dataレイヤを開き、「Enployee」エンティティをドラッグし、

「MainFlow」の「HomePage」のWebScreenに重ねてドロップします。

テックブログ⑧

 

最後にOutsystems上部の、

「1Click Publish」をクリックしてアプリケーションの動作を確認しましょう。

テックブログ⑨

 

ブラウザが起動されて、作成した一覧表が確認できるかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Outsystemsの特徴である、

項目を選び、ドラッグ&ドロップで設定する(コードレス)の感覚を掴んでいただけましたでしょうか。

今回は一覧表の作成までですが、この一覧に項目の追加や削除を行っていくことも可能です。

まずは項目ごとの設置方法、動作のさせ方などを理解していく必要がありますが

変化が見えるので楽しみながらプログラミングできると思います。

 

では、失礼します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.