【AWS re:Invent 2016】新サービス「Amazon Batch 」が発表!

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

reInvent2016に参加しています。
新サービスとして発表されたAWS Batchについてお伝えします。

「AWS Batch」とは?

15321446_1154952021248078_1990639229_o

AWSにてBatch処理を行ってくれるサービスです。
このBatchを使用することで数十万のバッチ処理ジョブを簡単かつ効率的に実行出来ます。

AWS Batchの特徴

15311007_1154952051248075_1222063267_o
  • AWSのマネージドサービス
  • リソース要件に基づいて、インスタンスの数量およびスペックをプロビジョニングしてくれる。
  • EC2とスポットインスタンスの利用により処理が実行される
    ※AWS Batch自体の費用は掛かりません。
  • バッチ処理のワークロードを計画、スケジュールして実行してくれる。

出来る事

EC2上のコンテナ化したアプリケーション上でBatch処理を行います。

処理をスケジュールすることで、ジョブキューが作成されます。
このジョブキューはいつ、どこで、どのように実行するかを設定することが可能です。
ジョブキューには優先度を設定することが可能であり、優先度の高いキューからジョブを実行してくれます。

さいごに

Batchサーバは負荷が高くなったりと苦い思いをした経験があります。AWS Batchを使用すれば
リソースの管理やソフトウェアの管理から解放されるのでとてもメリットがあるサービスと思いました。

Developerがインスタンスについて考慮する必要がなくなる日が近づいてきていますね。
開発が楽になったり、品質が上がったりと皆様のシステムに活用出来るといいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.