グレートファイアウォールとは?世界最高峰のセキュリティシステム


グレートファイアウォールとは

中国に市場を広げている、もしくはこれから広げようとしている企業は少なくないでしょう。しかし中国はインターネットの閲覧等の通信がネット検閲システムによって、制限されているのですが、そのシステムをグレートファイアウォールといいます。

グレートファイアウォールとは

中国は2003年から、インターネット検閲システムとしてグレートファイアウォ-ルを取り入れました。このシステムは世界最高峰のセキュリティシステムともいわれ、主に以下のようなサイトを監視しています。

  • SNS
  • アダルトサイト
  • 動画サイト
  • 中国政府に対してネガティブな事を書くニュースや団体のサイト

中国政府に関する情報を規制

中国政府に関するニュースやSNSなどのコメントは、全て規制対象となっているようです。2006年に中国に導入後シェア率30%だったGoogleも、中国の自主検閲(中国に不利な情報を規制する)を拒否したことにより、2010年には中国から完全撤退となったのです。

中国のIT市場を成長させたい

世界的に中国は、Googleなどに比べてIT市場は遅れていました。そのため中国は自国のIT産業を発展させることも、グレートファイアウォ-ルを取り入れた理由の一つです。
実際に中国の百度が目覚ましい成長をとげています。百度は今やGoogleに次いで世界第二位のシェアともいわれています。他にもWeChatや微博など、中国のIT企業が次々と世界に進出しているのです。

グレートファイアウォールを回避するために

グレートファイアウォールを回避するために

中国のグレートファイアウォ-ルを回避するためには、現状VPNとよばれる公衆回線を使った仮想プライベート・ネットワークを利用するしかないのです。

このVPN回線のデータを暗号化することで、セキュリティ対策をしている企業が多いです。このVPNを利用するためには、中国でVPNを提供しているサービスを使うとよいでしょう。しかしこのVPNも中国政府が監視しているので、IPをブロックされてしまうこともありました。
2017年には無料のVPNに規制がかかったことから、中国政府に認可されたVPNしか利用できなくなっています。

グレートファイアウォ-ルの影響

海外から中国へ観光やビジネスで行く人にとって、グレートファイアウォ-ルの影響は小さくありません。

Yahoo!JapanやGoogleなどが使えません

日本で当たり前のように使っている、Yahoo!JapanやGoogleは中国では使うことができません。さらにはLINE、Twitter、YouTubeなども中国では規制対象です。Googleが規制対象ということは、GoogleマップやGoole翻訳などGooleのサービスも完全に利用不可です。

中国での通信方法

中国で通信をするためには、日本で使っているYahoo!JapanやGoogle、LINEなどを使うことは不可能と思ってください。中国企業のwechatや、微博、動画はbillibiliなどを利用する他ありません。
また日本でも流行しているTikTok(中国では「抖音」)は中国企業のサービスなので、利用することができます。

日中間の通信環境

日中間の通信帯域は細く、ネット会議をしていても通信が安定しないことがしばしばあります。専用線をひくこともできるのですが、コストが高くなってしまいます。さらにセキュリティの面でのリスクも決して少なくはない状況です。

おすすめのサービス

そこでおすすめなのが、アリババクラウド(Alibaba Cloud)で提供する日中間ネット接続改善ができるグローバル・コネクトです。

グローバル・コネクト
参考:https://www.global-connext.net/

グローバル・コネクトでは上記のような

  • 日中間の通信が安定しない
  • 聞いたことない回線サービスを使いたくない
  • 専用線はコストがかかりすぎる

このような悩みをもった企業におすすめのサービスなのです。また社員が中国に出向している間だけなど、契約期間を柔軟に変更できるのもグローバル・コネクトの魅力です。

グローバル・コネクトの魅力
  • 従来の専用線の1/10のコスト
  • 安定した通信を提供
  • 御社専用回線なのでセキュリティ面でも安心
  • 数か月、年単位、翌営業日からなどフレキシビリティな契約が可能

今後中国に支店やグループ会社をおいたり、中国企業とのやりとりをする企業は増えていくことでしょう。そこで問題となるのが中国との通信環境です。中国はグレートファイアウォールの影響もあり、日中の通信環境は安定しません。

しかし専用回線を引くとコストがかかりすぎます。そこでグローバル・コネクトがおすすめです。コストは専用回線の10%ほどで日中間の安定した通信を供給します。また契約される企業の専用回線であるため、セキュリティ面でも安心です。

グローバル・コネクトは一時期的な出向など、期間が限定される場合でも契約が可能です。

グレートファイアウォールとは