マイクロサービスとは?


マイクロサービスの概要

マイクロサービスとは、小さな単位のサービスをAPI連携させてアプリケーション開発を実行していくアーキテクチャです。IT関連の技術開発の進化のスピードは急速に加速しており、システム開発において、スピーディーな開発という点が重要になってきました。そんな中、企業では、短期間で小さな単位のテストや、開発を繰り返し、全体的に進めていく「アジャイル開発」化が進んできています。このアジャイル開発を実行するためのアーキテクチャとしてマイクロサービスが注目されており、AmazonやNetflix、LINE、クックパッドなどの企業で採用されている開発手法です。マイクロサービスでは、1つの大きなサービスをモノリシック(一枚岩)に開発するのではなく、アジャイル開発のように、小さなサービスを連携させることでサービスをよりスピーディーに提供します。今回はそのマイクロサービスの利点を、紹介します。

マイクロサービスの利点

チームのリソースを有効に活用できるマイクロサービスを採用することで、チームをいくつかのグループに分けてアジャイル開発を実行でき、リソースを有効に活用しながら迅速にプロジェクトを進行できます。

変更が簡単にできる

何かの変更点が発生しても、モノリシック(一枚岩)での開発ではないため、全体の変更を必要とせず、小さなサービス単位の変更で完了します。

ビルド、テストの迅速化

マイクロサービスでは小さな単位での開発のため、ビルド、テストの迅速化が図れます。

障害の原因発見が容易

開発中に障害が発生した時に、マイクロサービスは小さな単位での開発のため原因発見が容易となります。