最近のコメント


  • ホウレンソウと言っても食べ物ではない。
    おひたしにして鰹節をかけて醤油をかけると健康的である。

    それはそれとして、ホウレンソウという言葉は私が新卒の時から口すっぱく言われている。
    私も最近では偉そうになりホウレンソウとしつこく言う側になった。
    そしてある傾向が見て取とれた。

    自分で答えがだせる簡単な事まで質問をする癖がつく。
    そして、難しい問題の場合はホウレンソウのコミュニケーションが無くなる。

    残念な事だがこれを依存型ホウレンソウと名付けようと思う。
    責任逃れをする気は無くても、答えを出して決めてもらいたい傾向が強いんですね。
    これを意識して教育プログラムを立てていく必要がある。


  • 銀座にある趙楊というお店。
    ここの火鍋は日本で1番くらいの好き度なので宣伝。

    四川火鍋


  • 日本の地方や中国などに行くといつも考える事がある。
    この地で起業するにはどうすればいいか?
    どうやって起業しているのか?
    とにかく地方で起業している社長は尊敬する。

    この前行ったウルムチとかで考えると、マッサージとか娯楽というものは全く無い状態だったので市場を作る余地はありそうと素人考えで思ったりした。
    ただ、ITのククリで考えると人の採用とかで最初に難しいという結論になってしまうのが私の実力不足といったところである。器をもっと大きくしていかなければならないと思う次第である。

    ちなみに、ある資料を目にした。
    携帯電話産業でフィンランドとスウェーデンのメーカーが強い。
    フィンランドのノキアは世界で4割近いシェアを持っており、スウェーデンのエリクソンもインフラの分野で世界最大手だそうだ。

    何故上手く行っているのか?
    産学官が一体となって国をあげてやっている所が強みのようだ。
    国内最高レベルの頭脳がその企業に集る仕組みが形成されている。
    学校に会社が近いなども簡単な理由でもある。

    まずは、地方で採用が上手く行きそうなら、何かやれる気もする。


  • スプラウトのお買い物を委託された。
    かいわれ大根とそっくりである。

    かいわれ大根は新芽で辛味がある。
    スプラウトはブロッコリーの新芽で甘みがある。

    見た目は似ていても中身が違った。

    スーパーではよく見かけていたが、かいわれ大根だと思っていた。
    思い込みは怖いものであるとつくずく思った次第である。

    で、購入してきたスプラウトは生春巻きとなる。
    ソースは、ベトナム風でした。

    ローフード教室で作り方を教えてくれます。


  • 明治記念館ビアテラスにて打ち合わせ。外人さんは喜ぶだろう。

    中華そば高橋でラーメン食べて帰宅。
    普通のラーメンで旨い。
    12時過ぎくらいに開店で20時くらいには閉店。

    googleのストリートビューで見ると並んでますね~。


  • ラッキー7という事でこれで旅行記は最後にしたいと思います。

    ウイグル族の家を覗きに探索。
    このベビーカーはどこでも行く。

    覗きこんでいたら子供が出てきた。

    市場に行った。
    二層式の洗濯機がメイン。ここまで来るとまだ発展途上なのね。

    さてこれは何でしょうか?
    答えはベビーベットです。
    何故穴が開いているの?

    中国の子供は、オムツを使わない文化。
    ズボンなどは、お尻の部分が切れていて地面に垂れ流しであります。
    子供が居たらよーく見てください。
    町を歩いていると道路でしてます。
    で、この穴空きは何かというと、寝ている時に垂れ流すためだそうです。
    ちなみに、動かないように子供は夜縛られるらしいです。

    翌日は、カシュガル→ウルムチ→北京の大移動。

    子供と私は下痢。家族全員疲労困憊だったので北京ではホテルタクシーを予約。
    BMWだ!幸せなひと時を過ごせました。
    ちなみに、北京でホテルタクシーを頼むと到着ゲートまで担当が乗り込んできてくれて手荷物も運んでくれます。VIP感覚が味わえました。

    北京の火鍋屋街?

    これ好きです。

    おー。ALL二階建てだ!

    羽田に到着!!

    最後に結論。

    日本人は、わざわざ遠いウルムチには行かなくて良いかと思いますし、日本人観光客は居なかった。
    世界にはもっと良い所がいくらでもあると思います。
    無理してそんな僻地にいかなくてもいいと思います。
    ただ、民族が多いのでそういうのの観察がしたい方はどうぞ。
    中途半端なスイスに行かれたい方はどうぞ。

    どうしても行きたい方は、いろいろ伝授しますのでお気軽にご相談ください(笑)

    ちなみに、敦煌とかは最高ですよ!


  • パキスタン近くのカシュガルに飛行機で行く事にした。

    海南航空という飛行機会社。
    予約した時はやばそうな気配だったが悪くは無い。
    数千円で乗れる。

    空からの景色はこんな感じ。

    ポプラ並木道で素朴な感じ。
    ようやく期待が膨らんできた。

    最初はカラクリ湖に向かう予定だったが、パキスタンが大洪水の為に道が通行止め。
    よってまた牧場と氷河の地域に向かう事になった。

    アルプスちっくになってきた。

    モンゴルちっくになってきた。

    羊飼いぽくなってきた。

    でも、結論としては、砂漠の中の中途半端なアルプスである。
    ここまで車で3時間半。ちなみにウルムチからカシュガルで2時間かかった。

    轟音をたてて雪崩が発生。
    これはびっくりしました。

    この後、キルギス族の人にボッタクラレそうになりましたが、ドライバーの漢族が一喝で収束。
    漢族恐るべし。

    ロバ。
    こういうのは好きです。

    夕日を見て寝ました。
    この時は夜の9時くらいかな。

    ロバは可愛いという事が分かったのでPart7へ続く。
    惰性になってきた。


  • 昨年から新卒メンバーは富士登山に行くので付いて行く事に。
    日本一の標高の富士山でご来光を拝みました。

    前日の夜7時に会社を出発して登り始めは10時でした。
    混雑していたので7時間かけて山頂へ。

    冷たいとか何とか言われようが遅いチームは無視して登り続けたおかげで山頂でご来光を拝めた。

    雲海

    右のおじ様は、当社の経理の人。
    ちなみに登山は初めてらしいが、ハイペースで歩けるツワモノ。

    写真を撮ってくれたのは当社の子。撮るのが下手だ。
    山頂上だけでなく富士の文字も撮って欲しかった。
    下に浅という文字があるので浅間山?とも取れてしまう。

    おまけに、被写体が写真を撮られる気になっていない。
    撮ってくれてなんだが、彼は下手である。ここで愚痴を言っておきます。

    来年はリベンジをお願いします。


    3時間かけてくだりました。
    富士山はくだりがキツイです。ぜひ体験してみてください。
    そして、家に帰ったのは11時でした。

    来年は、トレーニングという事で混んでいない日に登ってみる事にする。

    おまけ

    マイカーで富士山の河口湖側に行く場合の駐車場について。
    日中に行く場合は、数時間くらい待つ事になると思います。
    また、5合目の駐車場には置けないので下の駐車場になります。
    ただ、無料シャトルがあるのでそれに乗るか、タクシーがうろちょろしているのでそれを利用する手があります。

    夜に行けば、5合目は微妙ですが1kmくらい下ったとこの駐車場には待たずに置けました。
    今回みたいに金曜の夜でなければ空いているかもしれません。


  • 民族の団結を促進させる為、民家に政府が絵を書いているらしい。
    民家の壁に政府が書くとは。。。

    ポロ。
    旨い。

    電車。
    大陸の電車はなかなか見れないので嬉しい。
    私は鉄ちゃんではありません。

    いろいろ。

    ザリガニ料理。

    唯一見た軍の車?
    去年に暴動ありましたが、全くもって安全ですよ。

    火鍋3回目。
    世界で20位以内にはいるかもしれないレベル。

    Red Bull(紅牛)
    皆飲んでいる。
    日本とマーケティングが全然違います。

    引き続き食事以外何も良いとこは無い状態でPart6へ続く。
    もう疲れた。


  • ウルムチについてオサライします。
    中国にあり、世界で一番内陸の都市である。
    高層ビルがたくさんあります。

    ちょっと郊外に行くと砂漠でこんな埃がまってます。

    場所によっては用水路が整備されてます。

    山の方に行こうものなら帰れなくなりそうな道になります。

    さて。
    トルファンにて穴を見た。

    工事中らしく近くに行けないのでコメントは差し控えさせて頂きます。
    見た目のとおりただの穴です。細かい事は知りません。

    穴の近くの町はこんな感じです。
    土の家です。

    次に昔の城下町みたいなとこに行く。
    三蔵法師が修行したとかしてないとか。

    何故かロバ車にのせられる。
    耳が大きくて可愛いですね。

    終いに、砂嵐でボロボロ。

    砂と穴を見る事ができました。Part5へ続く。
    乞うご期待!

« Previous Entries   

Recent Posts

Recent Comments

  • サーバ、サーバーについてですが、マイクロ...