• 結果を出す。

    以前、こんなブログを書いていた。
    http://www.skyarch.net/edo/?p=28
    (重要なことよりも、結果が出ることをやれ)

    営業職だけでなく、どの職種でも結果を出すという基本的考えは同じ。
    一般的に多いのは、会社の売上数字になりますね。
    会社だと、大勢のメンバーの小さい結果の積み上げで会社は成り立っている。

    80歳くらいまで働く事を考えると年齢をおうごとに
    体力勝負もしにくくなるし、
    経験者という事でプロセスも評価されずらくノウハウを発揮し結果を見せるしかない。

    歳をおうごとにキツくなってくるので
    若い時から、小さな事でも結果を出すという意識、活動が重要だ。


  • 勝ち負け

    結構前に、勝ち負けが重要であると書いたような気がする。

    でも、営業交渉などで
    勝ち負けを意識しすぎるといやらしい感じになる。
    勝ち負けを意識しすぎて
    度が過ぎる人だと、うまく言いくるめて受注するとかになりかねない。

    当社の仕事の場合、サービス業だし長くおつきあいする。
    物を売って終わりではない。
    サーバーの安定運用はもちろんの事、問題解決をするのが仕事である。

    勝ち負けを設定するなら
    問題解決が最良の方法でできたか、顧客のビジネス、
    担当者が非常に有益だったか等の視点で
    勝ち負けを設定しないといけない。


  • 経験は蓄積するのに時間がかかるという言葉を見かけた。

    経験をしていた人には分かりきっている事が、
    未経験だと分かっていない事が沢山ある。
    聞けばわかるのだが、捉え方を間違っていると、同じ事を繰り返す。
    私の場合、怒られつつ蓄積がメイン。
    経験蓄積に時間がかかったものについては、オーラというか滲みでるものがあって好き。
    しかし、スピードの速い時代なので、若い子にも求められる事は数多い。

    今の時代、効率よく経験を蓄積するしかない。
    先輩の経験・様々な本やセミナーを素直に捉える。
    まとめられた理論を勉強する。
    その上で自分の様々な経験とリンクさせる。
    これが経験をはやく蓄積する今の時代のスマートなやり方なのかもしれない。

    詰め込み教育で暗記で育った世代は(私も含む)は
    自ら学ばないと、スピードはあがらない。


  • シンプルがいい

    セキュリティ強化の一環として
    利用している銀行の振込を証明書形式からICカード形式に変えた。

    1つ目の銀行は、マニュアルを見ずに10分以内でセットアップ完了。
    2つ目の銀行は、先に設定した人が居たので概略聞いてマニュアルを見ず。20分くらいかな。
    3つ目の銀行は、マニュアルを何回見ても、とっちらかっていて分からず。しょうがないので電話で聞いた。でも、なかなか解決できず。数時間も費やしてしまった。他と比べて管理ツールとかあるからちゃんと動けば便利かも知れないけど、セットアップが大変。これ入れたら、他の銀行のものが使えなくなったりと問題があった。

    この3つの銀行で目的が違うとかいえば、おおきな違いはない。
    オンラインバンクは、振込と入金が主な目的。
    私には、ICカードの管理ツールの充実は必要ない。
    システムはシンプルに作られている方が嬉しい。
    iphoneなどは、説明書見なくてもだいたい使えますよね。

    シンプルであれば、後の工程もシンプルになる。
    サーバーシステム設計・構築においても全く同じで、
    後工程もしっかり把握した上でシンプルに構成しないと、後で困るとつくずく思う。

    できるだけシンプルになるように自動化していくのが当たり前の時代になっている。


  • 教育ってどうしていますか?
    教育サービスがあっているんじゃないの?

    と最近言われる。

    教育とは、
    ある人間を望ましい姿に変化させるために、身心両面にわたって、意図的、計画的に働きかけること。(goo辞書)
    身心両面に働きかけること。教育によって変化や反応を起こさせること。

    教える事は学ぶ事である。
    教育の世界ではこういう教えがあるらしい。
    教えるとは、知らない事について身につくようにしてあげる事。
    学ぶとは、まねる(真似る)と同じ語源らしい。自分で真似て身につくようにする事。

    それぞれの意味を合体すると教育とは、
    教えられた人が、自主性を持った
    変化がうまれていなければ、
    教えた方は、教えたとは言えない。

    テクニックはいくらでも教えられるが、
    仕事を通じて自主性を持って楽しく成長!
    という事を教えるのは長い課題である。


  • 逆立ち思考

    こういう言葉がアリババでは使われているらしい。
    社員は入社後の3ヶ月以内に逆立ちがMUSTらしい。
    いろんな方面から物事を見る事を促す為の意図があるようだ。
    全ては可能だ!という思考なのかな。

    風水などは、財・体・心がバランスよいと、
    実力以上に結果が出ると聞いた事がある。
    体力無いと心も崩れる事が多い。
    心は、その人の視野が広いと心のバランスが取れている事が多い。
    一方向からしか、物事を考えていない、考えられないと時間の無駄と疲れが出る。

    「何事も一本の道しかないわけではなく、時には袋小路に見えても、
    角度を変えてみれば、大通りにつながる道を見つけるかもしれない」(馬運)

    視点を変えて、日々考える訓練は重要だ。
    すぐには付かない。
    また、広がりに終わりはないだろう。

    人間は人によって違う。同じ人は居ない。
    まずは、どういった考え方から、発言が出ているか
    知るようにすると、いろいろな興味が湧いてきてよい。


  • 前向き思考。プラス思考は当たり前。
    マイナスから考えるとマイナス思考のまま終わる。
    可能性を信じ出来るようにすればという思考。
    出来ない方法は無限に思いつく。

    意味を調べてみた。
    プラス思考とは、物事を肯定的な方向に傾斜した考え方を行う傾向。
    世界的には、Positive Thinkingとの事。
    英語の方がしっくりくる。


  • 最近の世代は納得しないとダメだという言葉をよく耳にする。

    目標を達成するためにどうするか、
    リスト化して優先順位を決めてどう行動するか決めるだけなのですんなり行くはず。

    単純で短時間で決まるものです。


  • 立ち位置の違い

    大人は思うようにしたがる。
    子供を育てていると、特に実感する。
    子供が朝起きないので、どうすればスンナリ起きるか毎日苦悩する。

    思い返してみると子供の頃、両親がいろいろ言ってた事は
    私をコントロールしようとしていると捉えていたような気もする。
    結果、へそを結構、曲げていたような気がする。

    しかし、物心ついた頃の親の年齢になった今、
    あー、こういう意図だったんだなぁといろいろ気づきがある。
    愛情があり良かれと思って言ってくれてたのは間違いはない。

    子供の時は感情が前面に出てしまって言うことを聞かなかったが
    はやくそういう事を理解して素直に行動しておけば、
    時間の無駄が少なくてよかったと思った。


  • 捉え方の違い

    同じ事を言っているつもりでも、なかなか通じない事はありませんか?

    人によって知識、経験、考え方によって捉え方が違う場合がよくある。
    例えば、同じ本を時期を空けて読み返すと前回と違うところが心に響いたり、
    自分自身のポイントになったりする。

    捉え方は、人によって違うのである。
    伝え方が悪いと言ってしまえば、それまでですが。

    人とのコミュニケーションにおいて
    溝がある場合は、片方の努力だけでは、溝が埋まりにくい。
    双方の努力は必要だ。

    知識は、人によって差が出るので、感覚で使ってしまっている言葉の意味は正確に使うようにした方がいい。
    経験・考え方は、現状、背景、立場、趣味、などを知っておいた方がいい。
    時には、自分の考え方が邪魔する場合もあるので、その時は脇に置いておいた方がいい時もある。

    私の場合は、もともと、喋らない人なので、聞くところから始まる事が多い。
    聞くところから始まるので、どういう人なのかなぁと考えて理解しようとしてます。

« Previous Entries   

Recent Posts

Recent Comments

  • サーバ、サーバーについてですが、マイクロ...