最近のコメント


    • たまにですが、この会社さんとこの会社さんを繋げるといいかなぁと思った時は
      すかさず引き合わせるようにしている。

      その時の最重要ポイントは、
      会社としての仕事の取り組み方・考え方があっているかを最も重視して紹介しています。

      引き合わせた後に、
      外すと「申し訳ない!」という感じになる。
      自分の読みがあっていた場合、ゾクゾクする快感があったりします(笑

      会社の中では、考え方の方向性の統一が重要ですが、
      別々の会社でも考え方があっている繋がりでの仕事は非常に重要だと思う。


    • 上手く行った事、うまくいかなかった事があるはず。

      出来なかったやり方で、やり方を変えればうまくいく事も多い。
      しかし、全く同じやり方だと上手くいかない事が多い。
      上手く出来無かったポイントはおさえておきたい。

      人が提供するサービスにおいては、
      先人が何をやっていたかアンテナを張り巡らせるのが当たり前。
      なんでも、誰かが既にやっていると思っておいた方がいい。


    • 過去のISPのようにクラウド事業者も淘汰されるか?
      弊社を紹介して頂いてありがとうございます!
      しかし、MSPは運用特化で構築はしない事業者に見られているらしい!?

      弊社は設立以来、運用改善に重きを置いています。
      運用改善をきっちり行う事により、ノウハウの蓄積をする事ができ
      次の設計・構築にいかせるから当然の流れです。

      そういった所から、設計・構築・運用・保守・監視と分業はせず
      弊社でワンストップでエンジニアがサービス提供をできるようにしています。


    • 「理路整然とお話をなさる姿をみて頼りに感じています。」
      お客様にうちのメンバーがこういう言葉で褒められた。
      ありがとうございます!

      理路整然とは聞いた事はあるが、使った事が無いので改めてweblioで調べた。
      「考え・話などの筋道が整っているさま。」

      本人に凄いなぁ!と聞くと「経験だよ。」
      とさらっと・・・

      若い子が簡単にできるテクニック的はあるのでしょうか?
      自信の無い人は、顔・声・態度に出るのをよく見かけます。

      若い時においては、知らないや不安になった時など、
      分からないのは隠さずした方がよく、
      とハッキリ言ってしまうのもいいかも知れません。
      取り繕ったつもりでも、相手はわかります。
      その代わり、同じ事を繰り返さず1回目で習得すればいいとも思います。
      曖昧なまま放置はよくありません。

      私の場合ですが、頭の中でとっちらかるので文章にする事をします。
      言葉の意味や筋道など、おかしい所がないか視点を変えて
      何回も何回も読み直して自分で突っ込みを入れてみるといいです。
      行き詰まった時は、視点の違う人に見てもらいます。
      これの積み重ねです。
      積み重なると、年輪がある力強い雰囲気になります。

      「経験だよ!」という言葉はそういうものの積み重ねなんだと思う。


    • 集中力の高い15分

      月曜日は、ボーっとしていて、怠かったりする。
      体と頭が動いていない。
      こういう場合は、動かすに限る。

      人間の集中力が高いのは15分と言われている。
      そういった理由から、コマーシャルのタイミングはそうなっているらしい。
      学校の授業なども、持続できる50分程度らしい。

      朝のうちは、集中力の高い15分程度で終わる仕事をいくつか
      持ってきてみるのも手かな。

      動かせば、のってくるはず。
      動かさないと、のって来ない。
      運動と一緒かな。


    • 急いでもどうにもならないので、ゆっくり時間をかけるしかない。
      何気に、心だけが焦っている事が多い。
      なので、私の場合は、これが一番の解決策。

      その他ですと、
      簡単なものから、やってしまう。
      重そうだと思ったものも、ちょっと手を付けてみる。
      (実は重くなかったり、やり始めたらスムーズに終わったりする)

      他の人に協力を仰ぐ。
      タスクと優先順位を確認する。
      視点を変えてみる。意外に小さな事だったりする。
      依頼者と頻繁に会話をする。
      安請け合いをしすぎでなかったか再度考える。
      そもそも、やるべき事なのか考える。
      一旦、睡眠をとる。
      目的達成が最短になるように行動する。
      (そもそも、それが出来ればテンパらないか。。)

      などなど。


    • システムや計画があっても、
      やるのは人である。

      やらなければ、無意味。


    • あるべき姿に向かうにあたって。

      自分のペースでいい。
      目標に向かって何度も意識するくせが重要。
      意識しても行動しなければ意味無いが、そういうのはたまには許してあげる。
      たまには、徹底的にやってみる。

      とにかく、紆余曲折しながらでも、
      自分のペースを作って続けた方が結果が出やすいよね。


    • 目標は、人それぞれあると思う。
      しかし、向かっているうちに、作業的になってたり、
      忘れたり、面倒になったりで
      最短コースはなかなか通れずいろいろ横道にそれる。

      なぜ必要なのか?あるべき理想の状態は?を定期的に確認するのが重要。
      そして、現状とのギャップ(隙間)を確認する。
      実行プランに落とし込む。行動したあとに振り返る。

      諦めずに埋めていくと上手になるはず。


    • 無駄は嫌い、しかし無駄が多かったりする。
      代表例として時間管理はやるべきだ。
      集中する時は徹底的に集中する。

      そして、意図的に一見無駄に見えるような見えないような
      自由な時間をつくることにより発想が豊かになったり
      良い効果があるはず。

      時間に追われると非常に窮屈になる。
      時間は追ったほうが徳だ。

    « Previous Entries   

    Recent Posts

    Recent Comments