• 言われてないからやっていない。(ダメ)
    言われた事をちゃんとやる。(当たり前)
    言わないとやらない。(手間がかかる)
    言われた事にプラスαする。(ありがとう)
    言われる前に気づき活動(ありがとう)

    仕事のゴールは何なのか?
    そこがあれば、最後のフレーズの活動になりやすい。


  • 明日やりますね。

    よくこういう言葉が交わされると思います。
    軽い会話だが、極端な話、納期が合意された事になる。

    その場合、相手は期待しているので、
    どうなったかを連絡しなかったりすると心配しまう。

    こういう簡単なところで、
    信頼関係が向上しないという事もある。


  • 「気にかけているだけでも、一人でいる時と比べて大量に時間が浪費されている」

    子供が夏休みなので祖母の家に行っている。
    よって、世話をする必要が無い。

    何が起きたか?
    時間の流れがゆっくりになりました。
    やれる事が増えました。

    これは、自分の時間に専念できるからからなのだろうか?
    気にかけるという事だけでも、
    かなりの労力が発生しているようだ。

    習慣となる基本的な動作レベルをあげていきましょう。


  • 若い子に多い。「忘れてました!』
    聞いた途端、頭にきますが、その人が悪いという根性論では発展性がない。
    要は、タスク管理をして優先順位をつけてという流れである。

    タスク管理を忘れたというと、
    躾がなっていない、怠慢という言葉で終わりです。

    タスク管理を忘れるのを予防するというのは無く、
    タスク確認をするのを習慣化せよ!という事に落ち着く。

    やっていない人はいつまで経過しても成長していない。
    できる人に聞くと、当たり前のようにやっている。


  • 考える系で脳を使う。
    記憶系は、メモにし無駄に脳を使わない。


  • エビングハウスの忘却曲線

    20分で42%
    1時間で56%
    1日で74%
    1ヶ月で79%
    忘れるらしい。

    という事は1日の最後に振り返りを行うのが一番効率がよい。
    1日どういう事をして、どう経験として得たかの振り返りが重要。
    これの積み重ね。

    また、即日できる事を翌日以降に繰り越すと思いだす時間がかかるので、
    即日に出来る事は即日にやってしまった方が生産的である。


  • 年齢を重ねている一つのメリットと言えば、
    経験を生かした熟練の技や深みのある経験値。

    スピードが速い時代になり、いろいろ過去を振り返り
    復習して時代にあわせたものにバージョンアップしていかないと
    「ただの年をとったおじさん」になると自分に言い聞かせてみた。


  • 脳で覚えているタスクが7個以上になると忙しいと感じるそうだ。
    そうなると、集中力が著しく下がるらしい。
    なので、ノートなどにタスクを書き出し、一時的に忘れるのが有効だそうだ。

    もしかして、年齢を重ねると物忘れがしやすくなったというのは間違いで
    処理する数が多いので、脳が悲鳴をあげて本能的に忘れる処理をしているのかも。

    コンサルあがりの社長に聞いたら、専用の小さいノートと付箋を用意して
    当たり前のようにやってました。
    小さいノートは自分用で付箋は一枚につきこの人への依頼と分けてました。

    私は、ノートに手書き派という感じです。


  • 話し手が最初から丁寧に説明しようとして、
    話している間にこんがらがって意味不明なので整理していると
    お互い長い時間を使う事がある。

    まずは、自分がどうしたいか結論から落としていくと話しがはやい。
    それでもこんがらがっている場合は
    なぜ?なぜ?と聞いていくので、スムーズになる場合もある。


  • 毎日同じ事を繰り返しがちになる。
    変化が無ければ、感受性は下がり悪循環に陥る。
    変化にも気づかない人になりがち。

    変化は常に誰かが与えてくれるものではない。
    自ら変化を付ける癖をつけよう。
    そこから新たな発見、チャンスが生まれる。

    時には、旅行など、違った環境で得られる経験、違った価値観などで視野を広げてみるのも良い。

« Previous Entries   

Recent Posts

Recent Comments

  • サーバ、サーバーについてですが、マイクロ...