最近のコメント


    • 長続きの秘訣

      どこかのサイトで、結婚の長続きの秘訣は、
      お互いを尊敬する事が一位という結果を見た。
      いい関係ですね。

      しかし、尊敬されようと思って、
      いろいろやっても尊敬される事は少ない。

      尊敬は、意図して尊敬される訳では無いし、
      相当な努力もあってこそ
      身体からにじみ出るオーラーが認識されて
      尊敬が生まれるかもしれ無い。

      手始めにできる事としては
      誰よりも勉強するとか
      変化をつける
      自分の強みを伸ばす
      信念を持つ
      勉強して、掘り下げて深みをつける
      人間関係
      考え方など、
      人それぞれいろいろあるはずだが、
      マンネリだと、いろいろ生まれずらい。

      真を持った自分を作って行くというのは間違いない!

      また、ちょうど、スカイアーチメンバーが言っていた事とし
      「先輩、同期、後輩関係なく優秀で尊敬できる人がいると自分も頑張ろうという気持ちになった」とあったが、彼らが自然と言葉として出てくる関係は素晴らしいと思った。


    • 人が何を求めていて必要としているか?
      それを超えて最終的に自分の為に
      置きかえてやれる人が成長する。

      こんなにやってあげたのに、、、と思う。

      これをこうやったら、自分にこういうメリットがある、
      あったんだと!事をすり替えて考えるようにすると
      いろいろあると思う。

      一呼吸を置いて客観的に考えてみる
      自分自信のマネージメントが重要。


    • 一歩下がったら崖に落ちる。
      というキーワードを拾った。

      チャレンジ系のビジネスの場合、
      前に進んでいけば、あれやこれや考え
      活動も枝分かれする。

      ただ、やらない選択をすると
      やらないので、そうなるかもしれない。

      前に進む!


    • 例えば、チャレンジものについて
      やった方がいいものについて、
      やらない言い訳をするのは、
      何もやっていないので最高で0点。

      やってしまえば、かなりの得点。
      一番は自分にずっしりと使える経験として跳ね返ってくる。


    • コミュニケーションという言葉で思い出した言葉。
      若い時は、好きな子とかにどうにか思いを、
      テレパシーで伝わら無いかと考えた事がある。
      いまでも思う事があったりする。さすがに無理だ。

      でも、テレパシーのような超能力は無理にしても
      その道のプロであれば、こちらから伝達する方は抜きにして
      受け取る事は出来ると思う。
      感覚を研ぎ澄まし、駆使して感じ取ろう。

      ただ、最後は、言葉で確認しとかないとダメですけどね。

      テレパシー (Telepathy) は、ある人の心の内容が、言語・表情・身振りなどによらずに、直接に他の人の心に伝達されることで、 超感覚的知覚 (ESP) の一種で、超能力の一種。 mental telepathy の短縮形。 漢字表記では「精神感応」とも。(Wikipediaより)


    • 「打算で付き合うな」というキーワードを拾った。
      打算とは、損得を勘定する事らしい。
      損得だとお金の話になりがちだが、
      お金の損得で人付き合いをすると、
      短命な付き合いになりがちなような気がする。

      ほんとーに極端な例えで言えば、
      自分の場合は、自分に無いものを持っている人、
      切磋琢磨できる人を選んで付き合ったりする。
      生意気と受け取られるかも知れないが
      それはある意味、打算と言うのかも知れない。
      お互い、勉強してアップデイトが無ければ
      お互いが自然と連絡をしなくなり会わなくなるので
      日々、何かしら勉強、経験を積んでおく。
      自分自身がつまらない男にならないようにしなければならない。

      思いやる気持ちが無ければ、
      他人は自分を思いやってくれないというのもあったりする。

      仕事も、喜ばれる仕事をして、
      それが、何らかの形で返ってくるのが楽しい。

      結論として、
      自分から何らかの形でまず提供して
      喜んでもらい、
      自分も喜んで、
      という流れを作った打算があってもいい。
      ただ、返って来ない時は多々ありますから、
      その場合は、自分が提供したものを喜んでもらってないと捉え再度精進する。


    • アドバイスという言葉を変えれば、
      経験シェアリングという言葉にもなる。

      経験シェアリングとは、その言葉どおりで
      自分の経験をシェアするという事。

      アドバイスは、
      時に評論家的な内容も含まれているかもしれない。
      経験をした上での内容がベストである。

      何を思って何を考えて、
      どういう結果が出て、
      次どうするか?
      という事がシェアできると素晴らしい。
      [経験シェアリング}という言葉を意識してみてはどうだろうか。
      会社で全員が意識すれば大きな力になる。


    • 質問だと、指示を仰ぐ系になりがちである。
      言葉を変えて、アドバイスを求めるではどうだろうか。

      アドバイスは助言とかの意味になると思うが
      やるのは自分主体のようなイメージ。

      自分の考えを元に、それを聞いてもらって
      アドバイスを受けて、自分自信で安心したりもできる。
      助言なので、使う使わないは自分で決めればいい。

      世の中に確実な答えは無いと思うので
      アドバイスで上手くいく確率をあげる。
      そういうスタンスで
      「アドバイス」という言葉を活用し活動すればいい。


    • 自発的にやれるようになった人にあるのが
      言われた事をちゃんとやれる人、
      出来ない、全くやらない、
      やれないタイプとかに分かれる。

      若い時は、言われた事を確実にやるという事は重要だ。
      慣れてくると勝手に自分の判断でやらないという人もどんどん出てくる。
      しまいには、意図的に無視なんかもあるかもしれない。

      そういう場合、
      頼んだ方は困る時が多い。

      言われた事は確実にやるというのは最重要である。
      あと、言われた事だけやると駄目な場合も多いので
      お互いの調整力が重要になる。


    • これどうすればいいですか?

      質問する癖が出来ると全てがこうなる。
      「これどうすればいいですか?」
      これは、私の受け止め方ですが、悪い言い方になると
      判断を全面的に私に委ねて責任逃れをしているという捉え方になる。
      何かがあれば、私が決めた事である。
      決めたのは質問した人間ではなくなる。

      以前誰かに、質問禁止令を出した事もある。

      ほとんどの事柄において
      「私はこうしますね!」でやってみていいと思う。
      ダメならツッコミが入るはず。

      質問で判断を委ねるという事は責任逃れとも言えるし
      自分の意見ではなくなるので、つまらないかと。。。。

    « Previous Entries   

    Recent Posts

    Recent Comments