最近のコメント


    • 運用の仕事は、サッカーのキーパーに例えられると思いますが、社長はどうお考えですか?
      という質問を元に再度考えてみました。

      キーパーは守るのが仕事かと思います。
      また、シュートを防ぎ、次の攻撃につなげるかも仕事かと思います。
      例えば、フットサルなどはよくある出来事で敵の配置を見て、見方の誰にボールを蹴るか投げるかで、
      数分以内に得点を獲得出来るかと思います。キーパーも攻めの発想です。

      ボクシングのサンドバックに例えてしまうと残念ですが、ボコボコにされるという発想です。
      これはやめておきます。

      野球のキャッチャーに例えると。
      バッターの特性を研究し打たれないように投手とどう連携を取るか
      先手な活動かと思います。球種や投げる場所、敬遠などなど。

      再度、前向き思想で簡単にサッカーのキーパーに例えると。
      キーパーは何が何でもゴールを守り一転攻撃に転じる。

      この二つを掛け合わせるといい感じになります。
      先手で攻撃を受けないようにする。
      攻撃を受けたとしても、逆に攻撃に転じて、得点を獲得する。

      サーバーに話を戻すと
      障害は即座に復旧させる。
      障害が発生したらチャンスと捉え活動をする。
      傾向を分析して、予知予防する。

      数多くのサイトのサーバー運用において、
      サーバーの利用用途を理解して動作・管理手法が異なるので障害が発生しないような最初の設計、
      障害があっても素早く改善する。
      傾向はシステムによって異なるので細かく監視し予測・予知して先手の対応をし常に安定運用をさせる。

      受けから入る事が多い仕事ですが、実は攻めの仕事なんです。

      そこがサーバー管理者の仕事の楽しさで醍醐味であると考えてます。

      投稿者プロフィール

      kururimoge
      株式会社スカイアーチネットワークス
      代表取締役社長 江戸達博

      Posted by kururimoge @ 9:46 AM

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.