最近のコメント


    • DBサーバのクラスタリング構成をするにあたって、負荷分散を重視するのか?冗長化を重視するのか?保全性をどれくらいのレベルにするのか?速度的なものはどう考えるのか?いくつか検討する事項があります。ちょっとメモします。

      ■負荷分散構成+冗長構成
      機能:レプリケーション(DBアプリ内のレプリケーション機能により、参照クエリを複数台に分散)
      メリット:書き込みと読み出しサーバを分けられるので負荷分散構成が可能。リアルタイムでのバックアップが可能。

      ■冗長化構成
      機能:DRBD(指定したパーティションをネットワーク上でミラーリングすることが可能)
      メリット:トリガーとなるアプリケーションのダウンを検知し、スレーブへ自動フェールオーバー可能。実質ダウン0となる。
      デメリット:負荷分散機能がないため、負荷が高まるとマスターサーバのレスポンスが低下する。

      DB高速化は以下の施策が考えられる。
      ・サーバースペックアップ(特にSSDなどを採用する)
      ・各種SQLの設定
       MySQLの場合はレプリケーション設定
       PostgreSQLの場合は、Pgpool2のバランシング設定
       SQL Serverのミラーリング設定

      データベース処理の質により以下のような施策が考えられる。
      memcachedの導入(インメモリ型キャッシュサーバ)
      ・hadoop
      ・クラスタリング系システム

      投稿者プロフィール

      kururimoge
      株式会社スカイアーチネットワークス
      代表取締役社長 江戸達博

      Posted by kururimoge @ 1:20 PM

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.