よくいただくご質問

QA

会社について

  • スカイアーチの特徴は何ですか?

    お客様に応じた、カスタマイズサービスを提供できることが特徴です。WebサーバーやDBサーバー等ご利用になるサーバーの種類は同じでもコンテンツにより運用や監視の内容は異ります。弊社ではお客様のコンテンツに応じた、最適運用や監視サービスを提案・提供しております。

  • スカイアーチに発注するメリットは何ですか?

    弊社に発注することでサーバーに関する、コストとリスクを最小に抑えることができます。コストに関しては、サーバー管理者を弊社が代わりに行いますので、人件費の削減を行うことができます。また、今までサーバー管理に割いていた時間の削減も行え、時間的なコストも削減できます。リスクに関しては、弊社でサーバー管理を行いますので、担当者が不在になることがありません。また、万が一障害が発生しても、今までのサーバー運用経験をもとに類似の事象と照らし合わせ対応することで、ダウンタイムの最小化を図ることができます。

導入相談

  • クラウド運用代行のインフラは指定できますか?

    可能です。国内のクラウドサーバーはほぼ網羅しております。海外は、AWSと中華人民共和国内サーバーとなります。

  • クラウドのお勧めや構成の提案はしてくれますか?

    可能です。ヒアリングを実施し、サーバー構成・稼働予測・コスト試算・柔軟性などをトータル的にご提案いたします。インフラは複数クラウドからご検討いただけます。

  • 御社のマネージドサービスはどのようなユーザーに向いていますか?

    経営部門・総務部門・情報システム部門・開発専門部門・企画部門など多岐に渡りますが、サーバー管理は専門会社にアウトソースしたいというユーザー様です。ECサイトや会員制サイト・ゲームサイトなどのスピード・柔軟性を求められる企業様やサーバー管理者不在や手が回らない部分の社内システムアウトソースなど多岐にわたります。

  • 稼働しているシステムを見ていただいて、ご提案していただく事は可能でしょうか?

    可能です。

  • ECサイトのアクセスが伸びてきました。複数台構成へ移行する時のポイントはありますか?

    複数台構成への移行の動機は、おそらく、アクセスが増えてきて、サイトの表示や処理が重たく感じられているからかと思います。サイトが重たくなるには原因がいくつか考えられます。原因によって、どのような構成を採用すべきかが変わってきます。

    単純にアクセスが多くなってきたのなら、ウェブサーバーを増やします。ウェブ1台+DB1台の構成から、ウェブ2台+DB1台にするなどして、サーバーへのユーザーからのアクセスを負荷分散します。

    データベースの負荷が高くなってきた場合は、DBサーバーを増やします。ウェブ1台+DB1台の構成から、ウェブ1台+DB2台にするなどして、DB1台にかかるI/Oを減らすことを方針に据えます。

    CPUの使用率が極めて高いなど、処理に負荷がかかっている場合は、マシンスペックを上げていきます。S30からS90やD150に変更するなど、台数を増やすのではなくスペックが高いプランへの変更を検討します。

    まずは「複数台構成」と考える前に、原因を探るお手伝いをさせていただき、「ヨコ」に増やすか、「タテ」に増やすか、方針をご相談できればと存じます。

  • コスト削減のため、LAMP環境などオープンソースの採用を考えています。どれくらい費用は変わりますか?

    WindowsではOSのライセンス費用が、1台あたり数千円~数万円/月かかります。さらに、SQL Serverをご利用の場合、1台数千円~数万円/月、Oracleをお使いの場合も同様にライセンス費用がかかります。これをすべてオープンソースで構成するLAMP環境*に移行すると、これらのライセンス費用がかからなくなります。

    一方で、ライセンス費用がかかるソフトウェアは、動作保証がございます。保証している範囲内で使用していながら、トラブルが生じた場合、メーカーのサポートを受けることができます。オープンソースではこういった保証がなく、問題が生じた際、責任ある第三者によって解決策が提示されることはありません。リスクをどこまで許容するかをご検討の上、ご選択いただければと思います。

    • LAMP環境…OSはLinux、ウェブサーバーはApache、DBサーバーはMySQL、言語はPHP(Perl)と、すべてオープンソースで実現するウェブサイトに適したインフラの構成。
  • 社内システムの運用は、どこまでお任せできますか?

    インフラ部分の運用・保守、障害対応はもちろんのこと、ミドルウェアレベルまでご対応可能です。Windowsホスティングでは、IISやネットワークの設定までご対応しております。マネージド・ホスティング(Linux)では、DBのパフォーマンスチューニングやApachの詳細設定までご対応しています。

    また、多彩なオプションサービスをご用意しており、エンジニアの派遣、手順書の作成、アプリケーションのカスタマイズ監視など、お客様のニーズに応じて、柔軟に運用代行メニューを組むことが可能です。
    開発が必要でしたら、開発会社のご紹介も可能でございます。まずはご要望をお聞かせください。

  • クラウドの導入を考えています。メリット、デメリットはありますか?

    クラウドは、共有の仮想化環境を利用する「パブリッククラウド」と、専用の仮想化環境を利用する「プライベートクラウド」で性質が変わります。

    パブリッククラウド

    パブリッククラウドとは(AWS)Amazon EC2やニフティクラウドに代表されるような共有の仮想化環境を利用するサービスです。

    スモールスタートで、状況にあわせてシステムを拡大/縮小させることが可能ですので、売上予測の立ちにくいウェブサービス等に適しています。また、初期投資が不要であるため、短期間のキャンペーンサイトや開発環境の構築にも適しています。

    • パブリッククラウドのメリット
      1. 初期費用が不要
      2. 使った分だけの課金
      3. 迅速なITリソースの調達が可能
    • パブリッククラウドのデメリット
      1. 継続利用する場合、割高になる
      2. システムがブラックボックスである

    数年間、同じシステムを利用する場合は、機器を所有したりホスティングサービスを利用したほうが割安です。また、システムがブラックボックスであるため、「知らないうちに、サーバーが再起動された形跡がある」「立ち入りの監査に対応していない」といったケースもあるようです。
    弊社ではこのようなパブリッククラウドのメリット・デメリット踏まえ、インフラの選定~導入・運用までお手伝いを行っております。

    プライベートクラウド

    プライベートクラウドは、社内のシステムを仮想化して統合し、クラウド的に用いるものです。機器を所有する場合、専有ホスティングを利用する場合、どちらも「プライベートクラウド」と呼んでいます。

    • プライベートクラウドのメリット
      1. IT資産の有効活用(サーバー台数の縮小)
      2. 運用管理コストの削減
      3. セキュリティの確保

    例えば、事業所ごとにサーバーを置いている場合は、データセンターに一元的に集約して、オンデマンドでITリソースを割り当てる仕組みにすることで、有効活用が図れます。また、管理ツールによって、物理/仮想を含めた統合管理ができるようになるため、運用負荷が軽減します。セキュリティ面では、コストが許す限り、自由に対策が施せますので、統制の水準は向上します。

    デメリットとしては、初期費用(初期投資)がかかる点です。企業ごとに仕様を固め、機器を準備して構築し、専有で利用します。数百万以上かかるケースがほとんどですので、社内システムを再構築し、コストメリットを数年単位で考える場合に、プライベートクラウドという選択肢があがってくると思います。

    なお、当社ではパブリッククラウド、プライベートクラウドともに取扱いがございます。どちらの導入が適しているか、また導入の可能性などを無料でコンサルティングしておりますので、お気軽にご相談ください。

  • RFPや手順書には対応していますか?

    対応しております。RFPに対応した、提案書のご提出、プレゼンテーションの実施等をさせていただいております。

    また、お客様の手順書に基づいた運用にも対応しております。大規模なシステムや複数社が協力して運用するケース、お客様でセキュリティポリシーを設定されているケース等でご要望いただくことが多々ございます。また、日常的な運用業務だけでなく、スポットの作業で手順書をのご要望をいただくこともございます。

    当社の主たる業務は「ITアウトソーシング」です。どうぞお気軽にご相談ください。

設計

  • RFPや手順書には対応可能でしょうか?

    可能です。RFPに対応した、提案書のご提出、プレゼンテーションの実施等もお任せください。また、お客様の手順書に基づいた運用にも対応しております。大規模なシステムや複数社が協力して運用するケース、お客様でセキュリティポリシーを設定されているケース等でご要望いただくことが多々ございます。

構築

  • 対応しているOSを教えてください。

    WindowsとLinuxに対応しております。

  • 構築だけでもお願いできますか?

    可能です。

  • 構築はどこからどこまで可能でしょうか?

    OSからミドルウェアの設定まで可能です。

  • 依頼してからどのくらいかかりますか?

    ご依頼いただいてから10営業日です。テンプレートを使った即納プラン等もあります。短納期をご希望の場合は、ご相談ください。

監視

  • 監視だけでもお願いできますでしょうか?

    可能です。

  • 監視ツールは何を使ってますか?

    NagiosとZabbixを使用しております。

  • 当社が先に障害に気づいた時は、どのように対応するのですか?

    日中であれば電話でご連絡いただいております。深夜・休日であれば、緊急連絡フォームからご連絡いただく形になります。

  • コンテンツのシステムのバグなどを知らせていただくことは可能ですか?

    サーバー側で異常が出るものは可能です。よくある事象としては、バグでシステム負荷が高いなどがあげられます。

  • ACTIVEマネジメントの契約していないサーバーを、監視サーバーで監視しても良いか?

    監視サーバーの管理者はお客様となりますので、監視しても構いません。また監視対象サーバーを1台追加するごとに¥7,000(税抜き)/月を翌月請求させていただきます。

    自前の監視サーバを利用して、ACTIVEマネジメントを利用したい。

    可能です。ただし1台目の¥27,000(税抜き)のお値段に変更はございません。

  • 監視設定や手順書作成もお願いしたい

    監視設定につきましては、別途料金をいただくことで可能です。手順書作成につきましては現在検討中となります。

    連絡に上限は?

    3回です。なお1回で、事前にご登録いただいた全ての連絡先に通知します。3回の連絡でご担当者様に確認ができなかった際は、スカイアーチで判断のうえ対応します。

    計画メンテナンス時のアラートについて

    事前にお客様にてアラートを抑制していただければインシデントの発生はございません。弊社宛にアラートが飛んできた場合はインシデントが発生します。

    PROACTIVEとの違い

    「監視および障害対応」に特化した『ACTIVEマネジメント』へ、「監視設計・設定」「原因調査」「改善提案」を加えた総合サービスが「PROACTIVEマネジメント」になります。

  • お申し込みについて

    お問い合わせフォームから、ご連絡ください。

    台数変更について

    お客様にて可能です。フォームから追加情報を送付いただくことで、弊社と情報の共有をさせていただきます。

    エスカレーション変更について

    フォームから追加情報を送付いただくことで、弊社と情報の共有をさせていただきます。

    解約について

    お問い合わせフォームから、ご連絡ください。

    インシデントとは?

    対応回数の単位です。弊社対応時間30分を1インシデントとしております。

保守

  • 障害対応の連絡は落ちた時に連絡をくれるのでしょうか、それとも復旧後になるのでしょうか?

    どちらでも可能です。お客様毎に連絡方法は調整ができます。

  • 障害は何を持って障害としてますか?

    弊社運用範囲内(HW/OS/ミドルウェア)が原因でお客様のコンテンツが正常に提供できない場合、障害としております。

運用

  • 運用だけでもお願いできますでしょうか?

    可能です。構築はお客様で実施し、運用だけでもお任せいただけます。

  • 運用サポートレベルの契約変更は可能ですか?

    可能です。

  • 運用のSLAはありますか?

    SLAを規定しISO20000を取得しております。

  • Oracleのサポートはどんな事できますか?

    インストールと監視(ping監視、ディスク容量監視、オンサイト確認)に対応しています。他の監視をご希望の場合は、監視システムをカスタマイズして対応をいたします。

  • 技術者を当社に派遣してほしいのですが。

    可能です。しかし、通常の派遣のみは行っておりません。運用の契約後、システムの導入で負荷のかかる時期の3ヶ月などの短期派遣が多いです。

管理

  • バックアップ管理費用は何をするのでしょうか?

    バックアップの取得確認を行っております。エラーが出た場合は再取得作業を行います。

  • クラウドの構成管理や課金管理は委託可能でしょうか?

    可能です。

  • 構築・監視・運用時のサーバーへの接続はどうなりますでしょうか?

    弊社管轄IPアドレスよりVPN接続となります。PCの操作ログは全てキャプチャーされているシステムから操作しております。

実績

  • クラウド運用代行の実績はどのくらいですか?

    年間100件程度の実績です。

  • 1社あたりの運用代行規模はどのくらいですか?

    2OSから10OS規模のサーバー構成が多いです。

費用

  • 運用の課金体系は台数課金ですか?

    台数課金が基本となります。工数課金や時間課金などもシステム構成を元に対応可能です。

  • 台数が多い場合、ディスカウントは可能でしょうか?

    システムの運用の仕方により、お見積構成が変わります。状況を伺い、ベストな組み合わせをご提案いたします。

  • コスト削減が必要です。何か方法はありますか。

    マネージドサービスのオプション変更や、インシデント制のサーバー監視サービス等の提案が可能です。

備考

最終更新日

2016.11.22

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら 03-6743-1100 価格や仕様、サービスの詳細などのお問合せから、クラウド導入についてのわからないことなどまで。

価格・仕様などサービス詳細のお問い合わせや、クラウド導入の分からないことなど、お気軽にご連絡ください。

フォームでのお問い合わせ(無料)