Apache Tomcat脆弱性対策のお知らせ

APACHE

Apache Tomcatにて脆弱性が報告されました。
脆弱性情報と対応に関して下記の通り報告させていただきます。

概要

The Apache Software Foundation から、Apache Tomcat に関する複数の脆弱性に対するアップデートが公開されました。

影響を受けるシステム

  • Apache Tomcat 9.0.0.M1 から 9.0.0.M11 まで
  • Apache Tomcat 8.5.0 から 8.5.6 まで
  • Apache Tomcat 8.0.0.RC1 から 8.0.38 まで
  • Apache Tomcat 7.0.0 から 7.0.72 まで
  • Apache Tomcat 6.0.0 から 6.0.47 まで

これら以前のサポート対象外の Apache Tomcat も、CVE-2016-6816 および CVE-2016-8735 の影響を受ける可能性があります。

詳細情報

The Apache Software Foundation から、Apache Tomcat に関する次の複数の脆弱性に対するアップデートが公開されました。

  • HTTP レスポンスの改ざん (CVE-2016-6816)
  • サービス運用妨害 (DoS) (CVE-2016-6817)
  • 任意のコード実行 (CVE-2016-8735)

想定される影響

想定される影響は各脆弱性により異なりますが、情報漏えい、サービス運用妨害 (DoS)、任意のコード実行などの影響を受ける可能性があります。

対策方法

アップデートする。
開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。
開発者はこれらの脆弱性の対策版として、次のバージョンをリリースしています。

  • Apache Tomcat 9.0.0.M13
  • Apache Tomcat 8.5.8
  • Apache Tomcat 8.0.39
  • Apache Tomcat 7.0.73
  • Apache Tomcat 6.0.48

対応策として最新バージョンへのバージョンアップが必要となります。

備考

最終更新日

2017.02.01

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら 03-6743-1100 価格や仕様、サービスの詳細などのお問合せから、クラウド導入についてのわからないことなどまで。

価格・仕様などサービス詳細のお問い合わせや、クラウド導入の分からないことなど、お気軽にご連絡ください。

フォームでのお問い合わせ(無料)