【AWS re:Invent 2017】新ハードウェア「AWS DeepLens」が発表!

世界初のDeepLearning可能なビデオカメラ(開発者用)として、AWS DeepLensが発表されました。
まだ入手はできませんが、下記のような機能を持っているとの事です。

  • HD VideoCamera
  • AmazonSageMakerとLambdaとの統合
    ※AmazonSageMakerは今回発表されたフルマネージドな機械学習サービスとなります。

どのような事が出来るかのサンプルとして下記記載がありました。

  • 物体認識
  • 今写っている物が犬なのか、猫なのかの判別
  • 今写っている物が特定の物かどうかの判別
  • 人物の顔認識
  • 人物の動作認識

※下記に分かりやすい図と共に掲載されています。
https://aws.amazon.com/jp/deeplens/

Echoとの大きな違い

Amazon Echoシリーズでは音声解析等全ての処理をAWS側で実施しておりましたが、DeepLensはAWSSageMakerで作成したMLモデルをDeepLens内にデプロイすることで
Edgeコンピューティングを実現(GreenGlassが走っているとの事でした)している。

このため、特定の動作(例えば顔を認識)した際にだけAWS側へ通信し特定Lambdaを実行等が出来る
また、Kinesis VideoStreamを送信する事が出来るため、Amazon Rekognitionで顔・コンテンツ等の分析を行えるとの事でした。

Echo + DeepLens + GreenGlass搭載コンピューターでかなり複雑な動作をするロボット作成とかも来年には出来そうですね、楽しみです!

ハードウェア購入するには

$249 で2018年4/14にリリースとの事です。
Pre-Orderを途中まで実施した所、日本住所で注文出来そうな感じでしたが技適を通っているかは不明ですが参考までに
https://www.amazon.com/dp/B075Y3CK37

投稿者プロフィール

takashi
開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て
2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております

機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。
個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も
実施しております。

スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て 2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております 機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。 個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も 実施しております。 スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!