AWS ヘッドライン – 2019.04.16 –

AWS の最新情報をワンライナーでお届け。

Amazon RDS 拡張モニタリングで新しいストレージとホストのメトリックスが追加されました。

これまでの論理パーティションごとのメトリックスに加えて、物理ディスクのメトリックスが追加されました。

こんな感じで出力されています。

"physicalDeviceIO": [
    {
        "writeKbPS": 7.47,
        "readIOsPS": 1.13,
        "await": 0.58,
        "readKbPS": 4.53,
        "rrqmPS": 0,
        "util": 0.09,
        "avgQueueLen": 0,
        "tps": 3.22,
        "readKb": 272,
        "device": "nvme1n1",
        "writeKb": 448,
        "avgReqSz": 7.46,
        "wrqmPS": 0,
        "writeIOsPS": 2.08
    }
],

また Multi-AZ 配置したときのセカンダリ側のメトリックスも出力されるようになりました。

詳細はこちら Amazon RDS Enhanced Monitoring Adds New Storage and Host Metrics

本日はここまで。それではまた明日お会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.