AWS ヘッドライン – 2019.11.26 –

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS の最新情報をワンライナーでお届け。

Amazon Kinesis Data Analytics を利用して Amazon Virtual Private Cloud 内のリソースにアクセスする。

ストリーミングデータの分析を行う Amazon Kinesis Data Analytics を使用して仮想プライベートネットワーク(VPC)内にある Amazon RDS などのリソースにアクセスできるようになりました。VPC 内に設置された仮想ネットワークインターフェイス(ENI) を通じてアクセスできるようになります。

詳細はこちら Access resources within your Amazon Virtual Private Cloud using Amazon Kinesis Data Analytics

AWS IoT デバイスマネジメントが、IoT デバイスをトラブルシュートする新しいセキュアな方法としてセキュアトネリングをサポート

IoT デバイスを一元管理する AWS IoT デバイスマネジメントがセキュアトネリングをサポートしました。ファイアウォールの内側にあるデバイスとセキュアな通信を確立できます。

詳細はこちら AWS IoT Device Management introduces Secure Tunneling, a new secure way to troubleshoot IoT devices

Amazon SES がアカウントレベルの禁止リストを発表

メール配信サービスの Amazon SES が SESアカウント毎の禁止メールアドレスリストが利用できるようになりました。

詳細はこちら Amazon SES Announces Account-Level Suppression List

Amazon EC2 オートスケーリング、アプリケーションオートスケーリング、AWS オートスケーリングが 仮想プライベートネットワーク内から安全に API にアクセスできる AWS PrivateLink をサポートしました。

詳細はこちら Amazon EC2 Auto Scaling, Application Auto Scaling, and AWS Auto Scaling now support AWS PrivateLink

AWS CodeBuild がテストレポートをサポート

アプリケーションビルドファームを提供する AWS CodeBuild がテストレポートをサポートしました。

詳細はこちら AWS CodeBuild Adds Support for Test Reporting

AWS シークレットマネージャが Redshift クラスタと DocumentDB データベースのシークレット含む、シークレットのローティションを CloudFormation を通じて行えるように

パスワードなどのシークレットを安全に管理する AWS シークレットマネージャで Redshift クラスタと DocumentDB データベースのシークレット含む、シークレットのローティションを CloudFormation を通じて行えるようになりました。

詳細はこちら AWS Secrets Manager makes it easier to rotate secrets through CloudFormation, including secrets for Redshift clusters and DocumentDB databases

AWS セキュリティハブで新しいパートナー統合

AWS セキュリティハブで以下のパートナーサービスが統合されました。

  • Aqua Security Cloud Native Security Platform
  • AttackIQ Platform
  • BigID Enterprise
  • Capitis Solutions C2VS
  • Caveonix RiskForesight
  • DisruptOps

詳細はこちら New partner integrations available for AWS Security Hub

アプリケーションロードバランサがロードバランスリクエストに対して Least Outstanding Requests アルゴリズムをサポート

L7 レベルのロードバランシングを提供する アプリケーションロードバランサがロードバランスリクエストに対して Least Outstanding Requests アルゴリズムをサポートしました。比較的負荷が低いインスタンスに対してリクエストとルーティングするようになります。

詳細はこちら Application Load Balancer now supports Least Outstanding Requests algorithm for load balancing requests

AWS IoT Core が HTTP アクション経由で独自 WEB サービスに直接メッセージを送信することが可能に

IoT デバイスから安全にクラウドアプリケーションと通信することができる AWS IoT Core が HTTP アクション経由で独自 WEB サービスに直接メッセージを送信することが可能になりました。

詳細はこちら AWS IoT Core adds the ability to deliver messages directly to your own web services via HTTP action

Amazon EC2 Instance コネクト がヨーロッパ(ストックホルム) リージョンで利用可能に

インスタンスへの安全な SSH 接続を提供する Amazon EC2 Instance コネクト がヨーロッパ(ストックホルム) リージョンで利用可能になりました。

詳細はこちら Amazon EC2 Instance Connect is Now Available in Europe (Stockholm) Region

SQL Server 版 Amazon RDS が X1 と X1e インスタンスタイプをサポート

フルマネージド RDBMS サービスの SQL Server 版 Amazon RDS が高速 CPU と大容量メモリをサポートした X1 と X1e インスタンスタイプをサポート

詳細はこちら Amazon RDS for SQL Server now supports X1 and X1e instance types

AWS Lambda の Kinesis と DynamoDB イベントソースで不成功ハンドリングをサポート

AWS Lambda で Kinesis と DynamoDB イベントソースの処理が失敗した場合の処理を追加することができるようになりました。以下の処理が可能です。

  • 関数エラー時の分割
  • 最大記録時間
  • 最大試行回数
  • 不成功時の通知先

詳細はこちら AWS Lambda Supports Failure-Handling Features for Kinesis and DynamoDB Event Sources

Amazon CloudWatch が Contributor Insights を導入

メトリックスとログの収集と可視化を行う Amazon CloudWatch がContributor Insights を導入しました。時系列データからパフォーマンスに最も影響を与える要素を検出します。

詳細はこちら Amazon CloudWatch Now Includes Contributor Insights – in Preview

Amazon EC2 X1e インスタンスがカナダ(中央部) AWS リージョンで利用可能に

高速な CPU と大量のメモリを搭載した Amazon EC2 X1e インスタンスがカナダ(中央部) AWS リージョンで利用可能になりました。

詳細はこちら Amazon EC2 X1e Instances are Now Available in the Canada (Central) AWS Region

AWS IoT Core へ新しくAlexa ボイスサービスの統合、費用対効果が高い方法であらゆるタイプのコネクテッドデバイスへ Alexa ボイスが利用可能に

AWS IoT Core にAlexa ボイスサービスの統合し様々なデバイスで Alexa の音声対話機能が利用できるようになりました。

詳細はこちら New Alexa Voice Service Integration for AWS IoT Core cost-effectively brings Alexa Voice to any type of connected device

AWS コストカテゴリーを導入

AWSのコストをカテゴリーを定義してアカウントやタグを利用してカテゴリーにマップすることができます。

詳細はこちら Introducing AWS Cost Categories

AWS AppConfig でアプリケーション設定をシンプルに

AWS AppConfig が発表されました。 AWS システムマネージャが提供する機能の一つとして利用できます。EC2インスタンスやコンテナ、Lambda 内の設定を迅速に展開できます。

詳細はこちら Simplify application configuration with AWS AppConfig

Amazon CloudWatch Synthetics を導入

Amazon CloudWatch に Synthetics という新しい機能が追加されました。カナリアと呼ばれるスクリプトにより、API エンドポイントや URL に対してテストを実行してアクセスがない場合でもアプリケーションの異常を検知することができます。

詳細はこちら Introducing Amazon CloudWatch Synthetics – Now in Preview

AWS IoT デバイスデフェンダが監査機能に4つの新しいチェックを追加

IoT デバイスのセキュリティを強化する AWS IoT デバイスデフェンダが監査機能に4つの新しいチェックを追加しました。

  • 過剰なアクセス間
  • 365日以上利用されていないサービス
  • OpenSSL バージョン
  • Infineon RSA ライブラリのバージョン

詳細はこちら AWS IoT Device Defender Adds Four New Checks to its Audit Capability

Amazon EC2 Tインスタンスで AWSアカウントレベルでのアンリミテッドモードをサポート

時間当たり CPU 使用量に制限があるAmazon EC2 Tインスタンスで AWSアカウントレベルでの無制限モードをサポートしました。デフォルトで無制限モードとなるように設定することができます。

詳細はこちら Amazon EC2 T instances now support Unlimited Mode at AWS account level

AWS Elastic Beanstalk が EC2 スポットインスタンスのサポートを追加

クラウドでウェブアプリケーションをデプロイおよび管理する AWS Elastic Beanstalk が EC2 スポットインスタンスがサポートされました。

詳細はこちら AWS Elastic Beanstalk Adds Support for Amazon EC2 Spot Instances

AWS SAM CLI がシングルコマンドデプロイでサーバレスアプリケーションのデプロイを簡単に

サーバレスアプリケーション構築を支援する AWS SAM CLI で “sam deploy” コマンド一つでサーバレスアプリケーションをデプロイできるようになりました。

詳細はこちら AWS SAM CLI simplifies deploying serverless applications with single-command deploy

AWS Elemental MediaConvert が 8K 解像度のエンコードをサポート

プロダクションレベルの動画変換サービスを提供する AWS Elemental MediaConvert が 8K 解像度のエンコードをサポートしました。

詳細はこちら 8K Resolution Encoding Now Available with AWS Elemental MediaConvert

SQL Server 版 Amazon RDS が追加のリージョンで高可用性サポートを追加

フルマネージドな RDBMS サービスの SQL Server 版 Amazon RDS が以下のリージョンでマルチ AZ 構成が可能になりました。

  • 中東(バーレーン)
  • アジアパシフィック(香港)
  • 中国(北京)

詳細はこちら Amazon RDS for SQL Server adds high availability support in additional AWS regions

SQL Server 版 Amazon RDS が差分リストアとログリストアをサポート

フルマネージドな RDBMS サービスの SQL Server 版 Amazon RDS が差分リストアとログリストアをサポートしました。

詳細はこちら Amazon RDS for SQL Server now supports differential restores and log restores

AWS キーマネジメントサービスが非対称キーをサポート

AWS上で暗号キーやパスワードを管理する AWS キーマネジメントサービスが非対称キーの生成と使用がサポートされ RSAや楕円暗号キーを使用した電子署名などに利用できるようになりました。

詳細はこちら AWS Key Management Service supports asymmetric keys

Amazon Redshift が自動バキュームソートの代替として自動テーブルソートを導入

フルマネージドデータウェアハウスの Amazon Redshift で自動バキュームと自動アナライズの代替として自動テーブルソートを導入しました。

詳細はこちら Amazon Redshift introduces Automatic Table Sort, an automated alternative to Vacuum Sort

AWS Lambda が kinesis と DynamoDB イベントソースに対して並列化係数をサポート

サーバの構築、設定なしに任意のコードを実行できる AWS Lambda が kinesis と DynamoDB イベントソースに対して並列化係数をサポートしました。一つのイベントに対して複数の lambda 関数を同時に実行し並列処理を行うことができます。

詳細はこちら AWS Lambda Supports Parallelization Factor for Kinesis and DynamoDB Event Sources

AWS Elastic Beanstalk が AL2 Corretto プラットフォームをベータとして提供開始

WEBアプリーションをデプロイおよび管理する AWS Elastic Beanstalk が Amazon Linux 2 とAWS が提供する JAVA 環境の Corretto プラットフォームをベータとして提供開始

詳細はこちら AWS Elastic Beanstalk Launches AL2 Corretto Platforms (Beta)

kubernetes 用 AWS App Mesh コントローラ が Helm Charts から利用可能に

サービス間の通信を簡単にモニタリングおよび制御することができるサービスメッシュの AWS App Mesh で kubernetes 用コントローラが kubernetes のパッケージマネージャである Helm から Charts パッケージとして利用可能になりました。

詳細はこちら AWS App Mesh controllers for Kubernetes are now available as Helm Charts

Grafana Labs と AWS が Amazon CloudWatch データソースに最適化と新機能を追加

モニタリングツールの Grafana で Amazon CloudWatch データソースへの最適化を実施し、またいくつかの機能追加を行い、ダッシュボードからより簡単に様々なメトリックを取得できるようになりました。

詳細はこちら Grafana Labs and AWS add optimizations and new features to Amazon CloudWatch data source

データライフサイクルマネージャが時間ベースの保持時間ポリシーをサポート

EBS スナップショットを管理する データライフサイクルマネージャが時間ベースの保持時間ポリシーをサポートしました。

詳細はこちら Data Lifecycle Manager now supports time based retention policies

Amazon Translate が 22の新たな言語と方言をサポート、アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アゼルバイジャン語、ベンガル語、ボスニア語、ブルガリア語、クロアチア語、ダリー語、エストニア語、カナダフランス語、グルジア語、ハウサ語、ラトビア語、パシュトウ語、セルビア語、スロバニア語、ソマリ語、スワヒリ語、タガログ語、タミル語

機械翻訳サービスのAmazon Translate が 22の新たな言語と方言をサポートしました。 アフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アゼルバイジャン語、ベンガル語、ボスニア語、ブルガリア語、クロアチア語、ダリー語、エストニア語、カナダフランス語、グルジア語、ハウサ語、ラトビア語、パシュトウ語、セルビア語、スロバニア語、ソマリ語、スワヒリ語、タガログ語、タミル語です。

詳細はこちら Amazon Translate Now Adds Support for Twenty-two More Languages and Variants – Afrikaans, Albanian, Amharic, Azerbaijani, Bengali, Bosnian, Bulgarian, Croatian, Dari, Estonian, Canadian French, Georgian, Hausa, Latvian, Pashto, Serbian, Slovak, Slovenian, Somali, Swahili, Tagalog, and Tamil

AWS Lambda が非同期実行時の最大イベント期間と最大再試行回数をサポート

サーバの構築、設定の必要なしに任意のコードを実行できる AWS Lambda が非同期実行時の最大イベント期間と最大再試行回数をサポートしました。

詳細はこちら AWS Lambda Now Supports Maximum Event Age and Maximum Retry Attempts for Asynchronous Invocations

Amazon Translate が新しく6リージョンで利用可能に – US西部(北カルフォルニア)、ヨーロッパ(ロンドン)、ヨーロッパ(パリ)、ヨーロッパ(ストックホルム)、アジアパシフィック(香港)、アジアパシフィック(シドニー)

機械翻訳サービスの Amazon Translate が新しく6リージョンで利用可能になりました。

  • US 西部(北カルフォルニア)
  • ヨーロッパ(ロンドン)
  • ヨーロッパ(パリ)
  • ヨーロッパ(ストックホルム)
  • アジアパシフィック(香港)
  • アジアパシフィック(シドニー)

詳細はこちら Amazon Translate is Now Available in Six New Regions- US West (Northern California), Europe (London), Europe (Paris), Europe (Stockholm), Asia Pacific (Hong Kong), and Asia Pacific (Sydney)

AutoML で実行しているほとんど全てのアルゴリズムで追加の詳細・メトリックスを取得

時系列データから機械学習を利用して予想値を生成する Forecast の AutoML でこれまでは 最も成績の良かったアルゴリズムだけが表示されていましたがそれ以外のアルゴリズムの詳細結果やメトリックスも取得できるようになりました。

詳細はこちら Now get additional details/metrics around all your algorithm runs with AutoML

AWS IoT Core を工場で大量生産されたデバイスへ簡単に大規模に搭載

IoT デバイスからクラウドアプリケーションに簡単にアクセスする AWS IoT Core がフリート配備機能を発表しました。掃除機や掘削機など大量の工業製品に搭載する手順を簡素化します。

詳細はこちら AWS IoT Core now makes it easy to onboard large volumes of manufactured devices at scale

アクセス制御用の会社のディレクトリにある従業員属性を利用して権限管理を簡単に

AWSへのアクセスコントロール機能を提供する IAM で、ID 連携をしている場合に ID プロバイダ (IdP) から提供される属性情報に基づいて、アクセス権限を設定できるようになりました。部署移動に従う権限の設定などが簡素化されます。

詳細はこちら Simplify permissions management by using employee attributes from your corporate directory for access control

Amazon RDS パフォーマンスインサイト が PostgreSQL互換版 Amazon Aurora で SQL レベルメトリックスをサポート

RDBMS の詳細な性能情報を取得できる Amazon RDS パフォーマンスインサイト が PostgreSQL互換版 Amazon Aurora で SQL レベルメトリックスをサポートしました。

詳細はこちら Amazon RDS Performance Insights Supports SQL-level Metrics on Amazon Aurora with PostgreSQL Compatibility

Amazon Comprehend がリアルタイムカスタム分類を提供開始

機械学習を利用した自然言語処理(NLP) サービスの Amazon Comprehend がリアルタイムカスタム分類ができるようになりました。

詳細はこちら Amazon Comprehend launches real time custom classification

AWS ダイレクトコネクト で AWS中国リージョンにおいてダイレクトコネクトゲートウェイが利用可能に

AWS クラウドへの専用線接続サービスの AWS ダイレクトコネクトで AWS中国リージョンにおいて他のリージョンへトラフィックを転送するダイレクトコネクトゲートウェイが利用可能になりました。

詳細はこちら AWS Direct Connect enables Direct Connect gateway for AWS China regions

AWS WAF 向け AWS マネージドルールを導入

アプリケーションレイヤでの脅威からアプリケーションを防御する AWS WAF に対して AWS 脅威調査チームがメンテナンスする AWS マネージドルール(AMR) が提供されるようになりました。

詳細はこちら Introducing AWS Managed Rules for AWS WAF

Amazon Chime ボイスコネクタが SIPREC をサポート

テレビ会議、電話、チャットなどを利用できる Amazon Chime で SIP ベースの録音規格の SIPREC で接続するボイスコネクタがサポートされました。

詳細はこちら Amazon Chime Voice Connector now supports SIPREC

ストリーム処理フレームワークの Apache Flink を Amazon Kinesis Data Analytics からフルマネージドサービスとして利用できるようになり、分散データストリーミングプラットフォームの Apache Kafka をマネージドサービスとして利用できる Amazon MSK とともに利用して、ストリーミングアプリケーションを構築できるようになりました。

詳細はこちら You can now run fully managed Apache Flink applications with Apache Kafka

AWS X-Ray で Amazon CloudWatch 人工カナリアをサポート

マイクロサービスアプリケーションの動作をトレースする AWS X-Ray が、エンドポイントの挙動をスクリプトで定期的に監視する Amazon CloudWatch Synthetic Canaries (人工カナリア) をサポートしカナリアが異常を検出した場合は、X-Ray を使用して問題を特定できます。

詳細はこちら AWS X-Ray launches support for Amazon CloudWatch Synthetic Canaries

AWS Toolkit for Visual Studio Code で新しい CDK エクスプローラがプレビューに

AWS の操作を支援する AWS Toolkit for Visual Studio Code で新しい CDK エクスプローラのプレビュー版が公開されています。

詳細はこちら AWS Toolkit for Visual Studio Code Adds New CDK Explorer in Preview

Amazon QuickSight でテーマ、条件付きフォーマットその他を提供開始

フルマネージド型BIツールの Amazon QuickSight で機能追加されています。

  • ダッシュボードでのテーマ
  • テーブルなどの条件付きフォーマット
  • 新しいカラーピッカー
  • コンボチャートのスケーリング調整
  • その他様々なビューを調整

詳細はこちら Amazon QuickSight launches themes, conditional formatting and more

Amazon RDS パフォーマンスインサイトが Oracle 版 Amazon RDS で SQL レベルでのメトリックスをサポート

フルマネージド RDBMS サービスの Amazon RDS で詳細な性能情報を取得、解析できる Amazon RDS パフォーマンスインサイトが Oracle 版 Amazon RDS で SQL レベルでのメトリックスをサポートしました。

詳細はこちら Amazon RDS Performance Insights Supports SQL-level Metrics on Amazon RDS for Oracle

AWS クラウド開発キット (AWS CDK) が C# と Java で一般利用可能に

クラウドアプリケーションリソースをモデル化しプロビジョニングする AWS クラウド開発キット (AWS CDK) が C# と Java で一般利用可能になりました。

詳細はこちら The AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) is Now Generally Available in Java and C#

Amazon Forecast が任意の分位で予測の生成が可能に

時系列データからAIを利用して予測値を生成する Amazon Forecast が 100 分位や 10 分位など任意の分位で予測の生成が可能になりました。

詳細はこちら Amazon Forecast can now support generating predictions in any quantile

Amazon VPC トラフィックミラーリングがアジアパシフィック(シドニー、香港)リージョンで利用可能に

仮想プライベートネットワーク内のパケットを複製し、モニタリングを可能にする Amazon VPC トラフィックミラーリングがアジアパシフィック(シドニー、香港)リージョンで利用可能になりました。

詳細はこちら Amazon VPC Traffic Mirroring now available in Asia Pacific (Sydney and Hong Kong) regions

AWS Glue が Glue Spark ETLジョブ用に独自のJDBCドライバを利用可能に

データの抽出、変換、投入(ETL) サービス のAWS Glue が Glue Spark ETLジョブ用に独自のJDBCドライバを持ち込み可能になりました。

詳細はこちら AWS Glue now enables you to bring your own JDBC drivers to your Glue Spark ETL jobs

AWSサービスカタログで高信頼性アーキテクチャをGetting Startedライブラリに追加

AWSサービスカタログで高信頼性アーキテクチャを実装した7つのテンプレートを Getting Startedライブラリに追加しました。

詳細はこちら AWS Service Catalog adds High Reliability Architectures to the Getting Started Library

Amazon Aurora が追加のインスタンスサイズをサポート

Amazon Aurora で以下のインスタンスサイズがサポートされました。

  • db.r5.8xlarge
  • db.r5.16xlarge
  • db.r5.24xlarge

詳細はこちら Amazon Aurora Now Supports Additional Instance Sizes

AWS IoT Greengrass 用 AWS IoT デバイステスタ v2.2.0 が一般利用可能に

AWS IoT Greengrass 用 AWS IoT デバイステスタ v2.2.0 が一般利用可能になりました。 AWS IoT Greengrass は IoT デバイスに AWSクラウドの機能をシームレスに拡張します。 AWS IoT デバイステスタは、IoT デバイスのテスト自動化ツールです。

詳細はこちら AWS IoT Device Tester v2.2.0 for AWS IoT Greengrass is now available

Amazon WorkSpaces のパブリック API がプライベートリンクをサポート

仮想デスクトップサービスの Amazon WorkSpaces を操作するパブリックAPIが仮想プライベートネットワークから安全にアクセスできるプライベートリンクをサポートしました。

詳細はこちら Amazon WorkSpaces Public APIs are now supported on AWS PrivateLink

Amazon EKS がリージョン毎のクラスタ数制限を100クラスタまで増加

フルマネージドな kubernetes サービスのAmazon EKS でリージョン毎のクラスタ数制限を100クラスタまで増加しました。

詳細はこちら Amazon EKS Increases Limits to 100 Clusters per Region

Amazon Polly が会話のような話し方の音声を提供開始

テキスト読み上げサービスのAmazon Polly が会話のような話し方の音声を提供開始しました。より自然な話し方になったそうです。

詳細はこちら Amazon Polly launches Conversational Speaking Style voices

リージョン間 VPC ピアリングが IPv6 トラフィックをサポート

異なるリージョン間にある仮想プライベートネットワークを相互に接続するリージョン間 VPC ピアリングが IPv6 トラフィックをサポートしました。

詳細はこちら Inter-Region VPC Peering Now Supports IPv6 traffic

Amazon Connect がカスタマボイスストリームでインバンドとアウトバンド音声をサポート

CTIを利用したコンタクトセンタツールの Amazon Connect が会話音声をリアルタイムにストリームすることできるようになりました。例えば Amazon Kinesis Video Stream にストリーミングしてリアルタイムに音声解析し、不穏な会話が検出された場合はアラートをあげるような用途が想定されます。

詳細はこちら Amazon Connect Now Supports Inbound and Outbound Audio with Customer Voice Stream

本日はここまで。それではまた明日お会いしましょう。