クラウド活用術 “3つのポイント”

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

おはようございます。AWS re:Invent 2014 もいよいよ本番です。

現地2014/11/12 キーノートでたくさんの新機能発表

年甲斐もなく すげー!すげー!と独り言ってしまいました~(笑)

いろいろ新機能紹介したいですが、即ネタとしては新DBエンジンの紹介

■新DBエンジン Amazon Aurora
3つのAZで6種類のバックアップを行い99.999999999%の高可用性
※リードレプリカもありデータ損失無し  Auroraはローコスト r3.largeで0.29/h

※AWS社内で数年かけて秘密裏に開発した MySQL Compatible

AWS公式情報

日本語: http://aws.typepad.com/aws_japan/

英語: http://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/highly-scalable-mysql-compat-rds-db-engine/

 

さて、たくさんの便利なクラウドサービスがありますが、実際に選定する際のポイントって皆さんどのようにお考えでしょうか?
私が、選定する際や現状分析時に使う3つのポイントです。

クラウド活用ポイント

・監視              何をどのように?

・バックアップ  いつどのように?

・セキュリティ  誰がどのように?

AWS(Amazon Web Services)機能のほんの一例

監視  Amazon CloudWatch

バックアップ Amazon S3 Amazon EBS スナップショット  Amazon Linux AMI

セキュリティ VPC/EC2セキュリティグループ AWS Direct Connect

他にも Multi-AZ CloudTrail などなど沢山の機能がありますが 要件に合わせて最適な機能を

利用できるのが、AWS(Amazon Web Services)の魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.