AWS認定試験 PSIでのオンライン試験を受けてみました

エンジニアのいらすと

概要

AWS認定資格を維持すべく、自宅にてオンライン試験を実施しました。
現在、オンライン試験については下記2つのどちらかを選べるのですが、ピアソンVUEですと選べる日程・時間が少なかったので(埋まってしまっている/未実施?日程が多く、時間帯選択肢もすくない)
今回は、試験日程の関係上(失効期日まであまり時間がなく)PSIでのオンライン試験を実施してみました。

  • PSIでのオンライン試験
    試験監督員とのやりとりはすべて英語
  • ピアソンVUEでのオンライン試験
    試験監督員とのやりとりは日本語または英語から選択

結果として、移動時間も掛からず直前まで勉強出来ることでメリットが大きいと感じました。
ただし、トイレ・飲み物・(タバコ)等は通常の試験センターと同じく行くことが出来ないため事前準備が重要と感じました。
また、一番の難所としてお子さんがいらっしゃる家庭環境等では、どこかに外出してもらっておく必要があると感じました。
人が入ってきた場合、声が入ってきた場合は返金もなく試験終了との事。
この辺りのポリシーについては、公式サイトをご参考に下さい。

11/7, 11/8と2回実施し Protector-(監視者) の方によって多少差はありますが
試験中チャットウィンドウで指示された事に従うという点は、試験センターで注意される内容と変わらず、下記のような事でした。

  • 両手を見せて
  • 両耳を見せて
  • 声を出さないで

上記ページのOnline Proctoring Full Guide(PDF)に、試験の進め方の詳細が記載されています。

試験実施の流れ

※試験を受けるにあたりメール内にたくさんの注意事項、氏名変更等試験48時間前までに実施しなければいけない確認事項諸々もありますので、ご注意下さい。
また、この辺りののポリシーは変更もあると考えておりますので、あくまでも 2020年11月段階となります。

事前準備

部屋の片付け

ほぼフルリモートで、荒廃していたデスクがキレイになりました。
AWS資格も取得出来て、部屋もキレイになって一石二鳥!?

ある程度持ち歩けるWebカメラ設置

試験開始前のプロセスで、試験環境の確認があるのでカメラを持って、椅子・デスク周りのビデオ撮影があるため、ケーブル長さがある程度確保出来るカメラでないと厳しいと思います。(ご覧の通りノートPCにディスプレイつなげて、ディスプレイ1枚制約を満たす場合)

こんな感じで、特に足元とかの撮影を指示されました。
また、携帯電話等に手が届かない事は特に重要。
this cellarphone is already powered off.. とかブツブツ言いながら指示に従って撮影してました。

シミュレーション

環境チェック
事前にPSI Bridge Secure Browserをインストールして下記項目のチェック
※インストール後初回起動時に、OSレベルでの制限許可が必要なものがありました。

  • 認識される接続済みディスプレイ数が1枚である事
  • カメラ
  • マイク

試験当日

https://www.certmetrics.com/amazon/ へログイン
[PSI試験の管理] でページを移動し試験がスケージュールされている事を確認

試験30分前-試験開始

試験時間 30分前から実施可能 [LaunchExam] ボタンを押す
※Safari非対応でした、Chrome/Firefoxで…

下記手順の詳細が上記リンク先PSI Online ProctoringのOnline Proctoring Full Guide(PDF)に記載されています。

ID撮影

画面にIDを撮影せよとでるので、パスポートを開いて撮影

セルフィー撮影

顔を近づけ、枠内に撮影

確認待ち

最大で15分掛かるメッセージが出るので、気長に待つ…
1回目の試験の際に勘違いして、ID撮影時にセルフィーを撮影しまったらやり直しがあり、試験開始時間15分遅れると終了だよ注意点もあったので焦りました…

対話形式で試験環境の確認

カメラを360度 + 机の下・足元、携帯/利用したIDも手元にないか届かない事を証明
plz pan camera slowly 等のチャットが飛んできたら、ゆっくりとカメラ移動
髪の毛が長い場合耳に何もついていないかカメラに近づけて確認
両手に何もデバイスが付いていないか等の確認等も

いよいよ試験開始

いざ試験開始!なのですが、リアルタイム顔認証等でPSI Bridge Secure Browserの負荷がとても高いのでMacBookのファン唸りまくりでした。
静かな環境でないとという場合には、デスクトップPCが必要な気がしました。

まとめ

  • PSIだと英語のみですが、試験日・時間がかなり選べて便利
  • ディスプレイ枚数は1枚でないとNGなため、ノートPC等だと別途カメラが必要となったり環境整ってる必要がある
  • 家族には外出してもらっておく
  • AWS資格の取得&部屋もキレイになって一石二鳥!

投稿者プロフィール

takashi
開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て
2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております

機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。
個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も
実施しております。

スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!
エンジニアのいらすと

ABOUTこの記事をかいた人

開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て 2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております 機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。 個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も 実施しております。 スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!