Infrastructure as code

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんばんは!

本日は、re:Invent2日目がありました。メインはやはりキーノートでした。Auroraをはじめ、多くの新サービスが紹介されましたね。それらについては多くの方がブログ等にあげているので、あえて書きません。

私が本日印象的だったのがInfrastructure as codeのセッションでした。

これまで私の認識はこれまで属人化していた構築やチェック作業、変更管理を大幅に削減できるものでした。しかし、さらなるメリットを学びました。それは障害復旧が素早く行える点です。例えば、もし再構築が必要になってしまった場合、これまでは手作業で行っていましたが、コード化をすれば、テンプレートがあるので、システム丸っとできちゃいます。何かあった時でも安心ですよね。気付くの遅過ぎて恥ずかしいですが、学んだので、次回からお客様にしっかり説明して行こうと思います。

さて、明日のキーノートはどんな発表があるんでしょうか。楽しみです!

 

投稿者プロフィール

asao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.