【検証】DELL製サーバーでDIAGを行う方法。基本編

どうもみなさん、はじめまして。

この度スカイアーチでブログを書くことになりましたスカイアーチのsasですー。はい。
ブログの小手調…手始めとして私の方からDELLサーバで行うDIAGについて紹介したいと思います。

【DIAGとは】

まずDIAGとはDiagnosisの略称で日本語で言いますと”診断”という意味でして、

コンピュータ本体に異常箇所があるかどうかを確認するための診断ツールです。

DIAGはDELLだけでなくNECやIBMなどベンダー毎に様々なDIAGがあり、操作方法も全く違います。

DELL製のDIAGはサーバーもパソコンも診断できます。

今回はDELLサーバーでDIAGを行ってみたいと思います。

DELL製コンピューターでDIAGを行う方法は主に3つあります。

  1. DELLのサポートページから行う方法
  2. DIAGディスクを使用した方法。
  3. Unified Server ConfiguratorからDIAGを起動する方法。

パソコンは1~2の方法で、サーバーは2~3の方法で行うのが一般的です。
今回はR410のサーバーで2~3の方法でDIAGを行ってみたいと思います。
1386775318_R4105←これがR410。
http://www.dell.com/jp/business/p/poweredge-r410/pd

【DIAGディスクを使用した方法手順】

  1. DELLのサポートページからDIAGのISOファイルをダウンロードしてディスクに書き込む。
  2. ディスクを光学ドライブに挿入する。
  3. DIAGのブートメニューから選択して行う。

まず元となるISOファイルですがDELLのサポートページからDIAGのISOファイル生成するアプリケーションをダウンロードします。

【Dell 32-bit Diagnostics v5158 】
http://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpdhs1/Drivers/DriversDetails?driverId=4Y5N5

無題

ファイルを解凍しますとアプリケーションが起動します。ここからDIAGのISOファイルを生成します。

【Create a Bootable CD】を押してISOファイルを生成しますのでそれをディスクに焼いて下さい。

DIAGディスクが出来ましたらサーバー本体の電源を入れてドライブに入れます。
ディスクが読み込まれますと以下のDIAGの起動メニューが表示されます。
ddd
DIAGを起動するには【2】キーを押して【2 Ddgui graphics-based diagnostic (No console-rediretion support)】を選択します。
以上がDIAGディスクを使用した方法です。

【Unified Server ConfiguratorからDIAGを起動する方法】

ディスクではなくサーバーに内蔵されているDIAGから行う場合はBIOS上で【F10】を押して【System Service】 を読み込みます。
UFEI

Unified Server Configuratorを読み込みます。

UEFI_menu

UEFI_ok
Unified Server Configuratorのメニューから【※ハードウェア診断】(※英語表記の場合はHardware Diagnosis)を選択します。
以上がUnified Server ConfiguratorからDIAGを起動する方法となります。

以下からのDIAG実行方法は全て共通です。

【DIAGの実行方法】

diag_kei DIAGを実行しますとソフトウェアが読み込まれます。

diag_menu
ソフトウェアの読み込みが完了しますとOptionが表示されますので、【Run Diags】を押して下さい。

diag_menu2
DIAGが読み込まれますとMainMenuが表示されます。各項目を簡単に説明しますと以下のとおりです。

  • Express Test…DIAGを簡易診断で行う。
  • Extended Test…DIAGを完全診断で行う。(ハードディスク全領域診断)
  • Custom Test…診断個所を自由に選択できる。
  • Infomation…診断結果の表示。
  • Exit…終了。

今回は基本編というタイトルなので簡易診断のExpress Testを行います。
express_now
こちらが実行中の画面です。
Test Prosessはテスト中の項目、Overall Prosessはテスト全体の進捗状況となります。
Express Testのテスト時間は15分~20分位でOverall Prosessが100%になりましたらDIAGは完了です。

もし途中でテストを中止したい場合はEscキーを押して下さい。
途中で異常を検知しますとエラーメッセージのダイアログが表示されます。

【yes】はテスト続行、【no】は中止、【retry】はエラーが検出されたデバイスを再チェックします。
特に何も異常がなければテストは正常に終了します。
sas_error
診断結果はInfomationから確認出来ます。
Erorrsの項目は検知した障害の詳細が表示されます。この項目が空白の場合は異常なしとなります。

 

【ExpressとExtendedの違い】

ExpressとExtendedの違いは、HDDの全領域のチェックするかどうかの違いです。
全領域をチェックするのでHDDの記憶容量が大きい程診断時間は長くなります。
HDDの規格(IDE,SATA,SAS,SCSIなど)、回転数(RPM)、記憶容量(GB,TB)、転送速度(3GB,6GB)などの違いによって終了する時間は異なり、転送速度も回転数も高速のSASドライブであっても容量が大きいと時間が掛かったり、古いIDEドライブでも容量が小さいと早く終わったりと結果は様々です。
またDIAGを行うサーバーのスペックで診断時間が早く終わるかどうかは不明です。
私の所感ですと大した差は感じられないですが、果たしてどうなのでしょうか。

説明が長くなりましたが以上がDIAGの基本的な操作方法となります。
次回は応用編としてCustom Testの説明をしたいと思います。
ではまた。ノシ

投稿者プロフィール

sas
事務所の端っこにある作業場に一人籠もって黙々とサーバのメンテナンスしてます。DELL製のサーバをメインに扱っています。それ以外にもNEC・IBMなど。

企業ブログですが個人的にゆる~く、ほのぼのした内容でやって行きたいと思いますので温かい目で見守って下さい。よしなに。

↓古い記事ですがDELLサーバはすごいというオススメ記事。
【ハリケーンサンディも太刀打ちできない Dell PowerEdge サーバー】
http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2013/01/30/dell-poweredge-hurricane-sandy.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

事務所の端っこにある作業場に一人籠もって黙々とサーバのメンテナンスしてます。DELL製のサーバをメインに扱っています。それ以外にもNEC・IBMなど。 企業ブログですが個人的にゆる~く、ほのぼのした内容でやって行きたいと思いますので温かい目で見守って下さい。よしなに。 ↓古い記事ですがDELLサーバはすごいというオススメ記事。 【ハリケーンサンディも太刀打ちできない Dell PowerEdge サーバー】 http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2013/01/30/dell-poweredge-hurricane-sandy.aspx