OpsJAWS Meetup#7 参加レポート

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

7/29 にアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社で開催された OpsJAWS Meetup#7 に参加してきました。

はじめに

まず、OpsJAWS とは、AWSの運用系トピックスを中心に語り合う事を目的に集まった ユーザ会です。今回の開催が 7回目となっており、私個人は初参加となりました。

タイムテーブル

時間 内容
18:30- 受付開始
19:00-19:15 ご挨拶、OpsJAWS紹介
19:15-20:00 キーノート:ネットコマース代表 斎藤様
20:00-20:10 休憩
20:10-20:20 LT1「JenkinsのAWS連携」:スカイアーチ 日名川幸矢様
20:20-20:30 LT2「SIerにおけるDevOpsの現状 ~Terraformを使ったAWS開発~」:日本ユニシス 会澤様
20:30-20:40 LT3「AWSにおける閏秒対応」:サーバーワークス 伊藤様
20:40-20:50 Q&Aタイム
20:50-21:00 撤収&懇親会へGo!!

キーノート:ネットコマース代表 斎藤様

とても熱量ある講演でしたね。今、なぜDevOpsなのかであったり、ITコンサルとして普段活躍されている斎藤様のITビジネスに対する考え方やITの歴史から今までのITとこれからのITの活用方法の変化を非常に解りやすく理解する事が出来ました。

正直、有料のセミナーなんじゃないかと思ってしまうぐらいでした。
無料で参加出来てしまう、OpsJAWS 恐るべし・・・!

※資料は後で追加致します。

「JenkinsのAWS連携」:スカイアーチ 日名川幸矢様

JenkinsとAWSの各種サービスとの連携についてのLTでした。
これからAWSでCIをされる方は参考にしてみてはいかがでしょうか?各種サービスともに連携プラグインが公開されているようなので、導入ハードルはかなり低くなっていると思います。

「SIerにおけるDevOpsの現状 ~Terraformを使ったAWS開発~」:日本ユニシス 会澤様

エンタープライズ分野でにおけるDevOpsという事で、印象的だったのが DevとOpsの分業についてでした。DevOpsは目的ではなく、あくまで手段であり、最終的にはビジネスに合わせる形でやれば良い。ビジネスのサイクルタイムに合せて最適な Dev と Ops を選択するという考えは私個人も同意でした。

今回のLTは前回の続きということなので、シリーズ化される事に期待です。

「AWSにおける閏秒対応」:サーバーワークス 伊藤様

平成29年(2017年)1月1日(日)に挿入されるうるう秒についてのLTでした。LTというより、先生でしたね!まだまだ先の事に思えますが、12月まであっという間です。12月にこの資料へのアクセスが集中すると思われます。素晴らしいまとめ資料をありがとうございます!

まとめ

実は過去にネットコマース社が提供する「LiBRA」のサービスを利用した事があったので、斎藤様が講演されるという事もあり 当日に無理やりおしかけましたが、受付で優しく対応してくれた運営の方に感謝しつつ、貴重な場に参加出来たことに大変満足しております。ありがとうございました!

運営の皆様、講演された皆様、そして参加された皆様 お疲れ様&ありがとうございました!
最後に素晴らしい会場を提供して頂いた アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 にも感謝申し上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.