CloudWatchの使いどころ・監視ツールの使いどころ

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。kobataです。
最近、AWSを利用した案件が増えており、なぜCloudWatchを使うのか。
既存の監視ツールと何が違うのか質問をもらうことがあります。

どんな場合にCloudWatchを利用するのか?
どんな場合に監視ツールを利用するのか?についてまとめました。

Cloudwatchの使いどころ

①AWS特有

・ハイパーバイザーレベルの監視項目(NW、CPU、ディスク、I/O)
・RDS、ELB
・AWSサポートを受けやすい

②要件

・グローバルから監視不可、VPC内で完結したいもの
・AutoScaling連携
・コンパネから自宅対応したい
・監視サーバを増やしたくない


監視ツールの使いどころ

①統合監視

・メモリ監視※標準メトリクスにメモリ監視はない。
・サービス監視、プロセス監視
・URL監視、アプリケーション監視
・バッチ処理監視
・ログ監視

②詳細設定

・監視対象のグルーピング
・レポーティング機能
・監視間隔の変更


他にも、案件や状況によっていろいろあるかもしれません。
運用監視の参考になれば幸いです。

投稿者プロフィール

kobata
オンプレからクラウドまで幅広く見てるサーバエンジニアです。
得意分野は、AWSと監視ツール!開発は勉強中です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.