リザーブドインスタンス購入時の注意点

みなさんこんにちは。fukudaです。

今回はAWSを使用されている皆様が抱きやすい(と思う)リザーブドインスタンス購入の

疑問点と注意点についてお話をしたいと思います。

1.そもそもリザーブドインスタンスってなに?

リザーブドインスタンスは、簡潔に説明するとあらかじめ一定の前金を支払うことで日々の料金(一年間or3年間)を割引してくれるというものです。

タイプは軽度利用、中度利用、重度利用の3タイプあり、より重度になるほど前金は上がりますが、割引率は高くなります。

 

2.購入時の注意

初めてリザーブドインスタンスを買おうとすると、今動いているインスタンスとは別に新たなリザーブド用のインスタンスを作る(それから新サーバにデータ等移行して。。)みたいなイメージが湧きませんか?(私だけだったらすみません笑)

もちろんこれは違います。内容のイメージとしては、既存で動いているインスタンスの割引券を買うという感じが一番しっかりくると思います。

AWSマネジメントコンソール ⇒ EC2 ⇒ Instance ⇒ Reserved Instance と進み、内容を確認してみましょう。

キャプチャ

上の選択画面から、割引を適用したいインスタンスの情報を入れるだけです。

とても簡単です。

が、、その分うっかりしているとミスも増えます。インスタンス情報が一つ違うだけで適用されません。

重度とかを買ってしまうととんでもない額が前金でもってかれた。。なんてこともあり得ますので、リザーブド

インスタンス購入の際は特に注意して既存のインスタンス情報を入力ください!

 

 

投稿者プロフィール

fukuda
サバ管を生業として早3年目。
最近はクラウドの運用をメインに行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

サバ管を生業として早3年目。 最近はクラウドの運用をメインに行っています。