【AWS re:Invent 2016】 Amazon Echo dot

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。kobataです。
今年初めてAWS最大級のイベントAWS re:Invent 2016に来ています。

来て一番初めにレジストレーションをするのですが、その際にAmazonのEcho dotをもらったので、紹介したいと思います。

evernote-camera-roll-20161129-121134

ちなみに、すでにクラメソさんでも紹介されています。しかも開封&検証済み。笑

Amazon Echo dotとは

音声アシスタント機能の「Alexa」に対応したBluetooth/Wi-Fi搭載デバイスで、スピーカーがついていないため、別途スピーカーを用意して使うようです。上位機種にAmazon Echoというものがあり、そちらはスピーカー付です。日本のAmazon.co.jpでは販売していません。クラメソさんのサイトを読んだところ、日本では法律上使えないそうです。残念!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ちなみにAmazon.comでは50ドルくらいするそうです。
それをre:Inventで配るっていうのはまた、すごいことですね。

Alexaとは

Alexaは人工知能の一つで、インターフェースが基本的に音声のみの製品です。
「Alexa(アレクサ)」と呼びかけると、音楽を流したり、天気を教えてくれたりしてくれたり、様々なことを学習させることができるそうです。

AmazonでもAlexa Prizeという大学生を対象にしたAI分野のコンテストを行っているそうです。ちなみに先ほど行われましたPartnerSummitでもAlexa Skills(機能開発) についてのService Delivery Programも紹介されていました。Amazonとしても非常に注目している技術であることが伺えます。

img_0104

さいごに

今回は、Amazon Echo dotについて少し紹介しました。こちらの商品はまだ日本で売られていないということですが、今後普及してくると面白い商品だと思います。Google Homeなど人工知能やIoT、ホームネットワークとしても、この分野はますます発展行きそうですね!

引き続きre:Invent楽しんできます。本日はここまで!

投稿者プロフィール

kobata
オンプレからクラウドまで幅広く見てるサーバエンジニアです。
得意分野は、AWSと監視ツール!開発は勉強中です!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.