【AWS re:Invent 2016】新サービス「 Lightsail 」が発表!

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

re:invent 2016 day2 keynote にて発表された新サービスをご紹介

Lightsail とは?

15292649_1172301096185277_1556328747_o

サービスリリースの背景

AWSでたくさんのワークロードが動いている中で、もっと簡単に環境構築して動かすことができないかという要望から作られたサービスとのこと

できる事

15302413_1172301242851929_615743100_o 15233775_1172301222851931_231673887_o

上記画像を見ていただければわかるが、wordpressやjoomlaなどのCMSをより簡単に構築する事ができるようになります。今まではCloudFormationを頑張って書く必要などがありましたが、環境構築がより簡単に出来るようになりました。VPCやSecurityGroupなども最適化された状態で作成されるため、インフラの知識はそれほど求められなくなるのではないかと思います。現時点で対応しているサービスは下記5つがあるそうです。

・WordPress
・Magneto
・Drupal
・Joomla
・other tools

今後のリリースで対応が増えて行く事に期待したいです。

まとめ

Lightsail により、利用者はより自分たちのアイディアをすぐに形にして試す事ができるようになりました。場合によっては、企画者が環境構築をエンジニアに依頼する事なく試せるようになるため、よりビジネスのアジリティが増していく事が予測できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.