【AWS re:Invent 2016】新サービス「 Elastic GPUs For EC2 」が発表!

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

reInvent 2016に参加しています。Las Vegasから最新情報をお届けします。
今回は  「Elastic GPUs For EC2」について記事にします。

Elastic GPUs For EC2 とは?

15302342_1172299426185444_166157543_o

サービスリリースの背景

GPU搭載インスタンスがリリースされていましたが、GPU搭載インスタンスが高価であり一時的の利用としては不向きであったことから生まれたサービスです。

出来ること

1GBから8GBのGPUメモリをEC2にアタッチすることが出来ます。Amazonで最適化されたOpenGLライブラリは、自動的にElastic GPUを検出して使用することが出来ます。

使用可能なインスタンスサイズは下記になります。

Name GPU Memory
eg1.medium 1 GiB
eg1.large 2 GiB
eg1.xlarge 4 GiB
eg1.2xlarge 8 GiB

さいごに

GPUまでElasticに付け外しができるとは驚きです。裏側の仕組みが気になるのは私だけでしょうか?これで使った分だけGPUのコストが発生するため、GPUインスタンスが高価だからという理由で採用しなかったユースケースでも使えるようになりました。プレビューを申請して、利用してみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.