【AWS re:Invent 2016】新サービス「AWS CodeBuild」が発表!

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

reInvent 2016に参加しています。Las Vegasから最新情報をお届けします。
CodeBuildが発表されたので、速報をお送りします!

CodeBuildとは?

15271242_10205779210117877_850261036_o

サービスリリースの背景

15302453_1154896607920286_442174848_o

ソースコードはCode Commitで管理、サービスのデプロイはCode Deployがありました。また上記の内容をCodePipeLineというサービスが管理してくれるサービスがあります。

buildを助けるようなツールは今までありませんでしたが、CodeBuildが発表されました。

出来ること

CodebuildはAWSでマネージドされているビルドサーバを使用して、ユニットテスト、単体テストなどを行うサービスです。特徴としては、下記の2点。

  • ビルド(テスト)サーバは無制限にスケール可能
  • 分単位での課金

さいごに

DevOpsが好きな私としては、とても素晴らしいサービスだと感じました。Jenkinsを使っている企業も多いと思いますが、Jenkinsサーバの冗長化や運用に悩まされるシーンなども多かったと思います。CodeBuildを使うことによってこれが解決出来る可能性が出てきました。

より良い CI/CDを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.