【AWS re:Invent 2016】新サービス「Amazon Pinpoint」が発表!

はじめに

re:Invent 2016にて「Amazon Pinpoint」というサービスが発表されました。

「Amazon Pinpoint」とは?

15311002_10205779340921147_1250209247_o

Amazon Pinpointの特徴

  • ユーザの動向を理解可能
  • ユーザに合わせた内容を通知可能
  • Push通知が可能
  • Push通知の結果を分析してダッシュボードからリアルタイムに結果を確認することが可能
  • 通知したユーザ数、分析を行うユーザ数、送信したメッセージ数、分析するインベンス数だけコストが発生する。

出来る事

  1. ユーザの動向を分析
    Push通知を行うユーザーの行動を追跡し、ターゲットとするユーザー、送信するメッセージ、
    配信するタイミングを定義し、キャンペーンの結果を追跡することが可能です。

  2. リアルタイム分析機能
    ダッシュボードによるリアルタイム分析機能があります。
    ユーザーの関与、収益化、ユーザーの人口統計、カスタムイベント、ファンネルを分析して、
    ユーザーがアプリケーションにどのように関わっているかを理解できるように、ダッシュボードによる
    リアルタイムの分析を可能にします。

  3. Push通知の結果を確認可能
    Push通知後、受信した通知の数、結果としてアプリが開かれた回数、アプリが開いている時間、
    プッシュ通知のオプトアウト率など、キャンペーンの影響を追跡するための指標を提供します。

さいごに

他サービスとの連携方法や実例が少ないため、完全に把握できていないため、詳細が判明次第追記等を行うかもしれませんが
アプリケーションを提供している会社様にとって素晴らしいサービスだと感じました。

開発者からも自分の作ったアプリケーションがどれくらい使われているか参照することが出来たり、
お客様の動向を分析して効果が高い通知が出来たりと夢が膨らみます。

なにより従来と比べて容易に分析が出来ることが素晴らしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.