Tera TermのSSHログインをできる限り簡略化する

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

目標

Tera TermでSSHログインする際、多くの場合は下記手順を踏みます。

  • Tera Term起動
  • IP(ホスト)入力
  • [OK]押下
  • セキュリティ警告ウィンドウで[続行]押下
  • ユーザ名入力
  • パスフレーズ入力
  • 秘密鍵を選択
  • [OK]押下

これをできる限り簡略化して、

  • タスクバーのアイコンをクリック
  • IP(ホスト)入力
  • [OK]押下

だけでログインできるようにします。

batファイルの作成

下記内容をメモ帳などのテキストエディタに貼り付け、batファイル(末尾.bat)として保存します。
^(キャレット)は、コマンドを途中で改行したい場合に使用します。

start "" "C:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe" ^
/nosecuritywarning ^
/auth=publickey ^
/user=ec2-user ^
/keyfile="C:\Users\User\Desktop\private-key.pem"

今回はAWS EC2への鍵認証ログインを想定しています。
鍵ファイルへのパス(C:\Users\~)は勿論ですが、認証方式(publickey)やユーザ(ec2-user)も適宜修正して下さい。

保存したbatファイルをクリックすると、IPを入力するだけでSSHログインができるようになっているはずです。

タスクバーへの登録

まずは先ほどのbatファイルのショートカットを作成します。
batファイルを右クリック→[ショートカットの作成]。

作成したショートカットを右クリック→[プロパティ]。
[リンク先]の入力欄ですが、先頭に「cmd.exe /c」を加えましょう。

設定に必須ではありませんが、[アイコンの変更]でタスクバーに表示されるアイコンを変更することができます。
検索エンジンで、拡張子.icoを指定して画像検索すると色々アイコンが出てきます。

[OK]を押下します。
再度ショートカットを右クリック、[スタート画面にピン留めする]。

これで設定は完了です。
タスクバーに新しく登録されたアイコンをクリックして、SSHログインができるか試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.