非エンジニアがAWS Summit Tokyo 2017へ参加してみた セッション参加編~Part1~

こんにちは。
遅くなってしまいましたが、前回に引き続き参加したAWS Summitについて書いていきたいと思います。

今回はセッション内容について紹介していきたいと思います。
→※ セッション内容については写真撮影厳禁でしたので、自分のメモを走り書きしたものを参考としております。
細かな内容や少々ニュアンスが異なる部分もあるかもしれませんが、ご了承下さいませ。

セッション紹介

セッション名
「国内・国外の金融分野でのAWS活用」

アジェンダ

・金融業界を取り巻く動向
・日本でのAWS活用

・金融業界を取り巻く動向

・FinTech
・銀行API
・FISCガイドライン

FinTechとは…
IT技術を使用した新たな金融サービス
金融(Finance)と技術(Technology)をあわせた造語。

FinTechの例
・スマートフォンを使用したモバイル決済
・クラウド家計簿
・ネットバンク

銀行APIとは…
→昨今金融分野でAPIを公開する風潮が高まってきた。
APIを公開することによりアプリケーションの接続が容易となり、多様なサービスを短時間で実現することが可能。
ユーザーの利便性も上がり、金融市場の活性化へとつながる。

FISCガイドラインとは…
金融業界のセキュリティ指針。
→※ ガイドラインはクラウドを前提としたもの

 

日本での活用

・毎年AWSを活用している金融会社は増加。
・可用性、セキュリティが安全。
→一昔前まではセキュリティ、可用性や遅延等の問題があったが今ではクラウド化した方が安全という考えが当たり前になってきている。

導入事例

三菱東京UFJ銀行 様
・本番環境で5つのシステム
・開発環境では100を超えるシステムがAWS環境で稼働中
→day2の基調講演でも紹介されてました!

ソニー銀行 様
帳票管理システム、リスク管理システム等の顧客サービスシステム、管理会計、一般社内業務システム等の基幹系システムのAWS導入。
今回の大阪リージョンの活躍期待。

 

金融で求められる要件

・新しいIT環境の実現(API,HPC)
・高い可用性
・高いセキュリティ

・高い可用性
自動化による、障害発生時の対応体制の簡略化

・ネットワークセキュリティ
既存のActive Directoryサービスを使う
→シングルサインオンにより、手間を省く

・Amazon Inspector
→自動化されたAWSのセキュリティサービス
パッチがあたっているかのチェック
結果をPDF形式でダウンロード可能

グローバルでの金融分野のAWS活用
海外での金融AWS事例

クラウドジャーニー

クラウドジャーニーとは…
AWSの顧客のクラウド移行の流れのパターン

ステージ
・プロジェクト
・初期
・移行
・改革

移行プロセス

Security by Design
→セキュリティ保証の方法

厳格な自動化を通じリスクを処理
手作業の廃止

技術情勢の近代化
1.何をすべきか決める
2.分析と文書
3.自動化
4.認証

セキュリティークラウドジャーニー
AWS評価→初回プロジェクト

 

TCO分析

TCO分析とは…
Total Cost of Ownership(総所有コスト / 総保有コスト)
システム全体にまたがる費用の総合計

まとめ

・金融ビジネス転換期
・規定もクラウド前提
・領域が多い

感想

金融業界でのAWSの導入、メガバンクでのAWS採用、キーノート講演は驚きました。
ちょっと前までは、クラウドは”セキュリティと可用性が弱い”や”レイテンシーの問題”等がとりあげられることが多かったのですが、今は”クラウドのほうがセキュリティが安全”という考えが当たり前になってきています。
可用性やレイテンシーについても年々サービスの制度があがってきているためそこまでボトルネックにならずに利用可能となっております。
メガバンクのAWS導入により今後ますます金融業界でのAWS化が広がっていくのかなと思いました。
クラウドの懸念点だった”セキュリティ””可用性””レイテンシー”の考え方が変わったことにより、今後クラウドでインフラを用意するのは当たり前の世の中になると強く感じました。
今後のAWSのサービスの広がりと導入事例に目が離せません。


次回も引き続きセッションについて紹介していこうと思います。

最後に
今回のAWS Summit Tokyoには弊社も出展をしておりました。
様子はこちらから↓↓
https://www.skyarch.net/blog/?p=12010

弊社スカイアーチははAWSアドバンスドコンサルティングパートナーとして、お客様にAWSを利用した様々なサービスを提供してます。

詳細はHPをご覧ください。
HP
http://www.skyarch.net/proactive/cloud/aws/

AWS運用でお困りの方はぜひ弊社へご一報を…

技術的な事で悩んだら、ぜひサバカンblogへ! 新しい発見があると思います

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.