Amazon ElasticBeanstalk – 1

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ElasticBeanstalk001

エラスティックビーンズトーク、エラスティックビーンスターク、いろいろ聞きますが、

「ElasticBeanstalk  読み方」で検索した結果「エラスティックビーンストークと呼ぶ事にします。

 

Elastic  –  弾力のある,伸縮自在の

Beanstalk  –  豆類植物の主茎

 

google 翻訳による直訳は「弾性豆の木」、もうよくわからないですね。Amazon としては・・・・

Elastic Beanstalkの名前の由来は、有名な物語である「ジャックの豆の木」に出てくる豆の木(Beanstalk)です。Elastic Beanstalkは、皆様が地面から空まで昇っていくのを助けるということです。もちろん、この豆の木(Beanstalk)は、数々の既存のAWSのサービスを組み合わせて作られており、魔法の豆からできているわけではありません。

魔法の豆からできているわけではないですが、うまく使えば魔法のような運用が可能となる訳ですね。

だいぶ端折りましたが、AWS のサービス  EC2、RDS、ELB、CloudWatch、等を管理し、インフラストラクチャを自動で構成してくれる夢のようなサービスです。

アプリケーションのデザインや開発以外は AWS にまかせておけば OK という事です。私は運用屋さん、データセンターでサーバー設置して、OS インストールして・・・・思い出がいっぱいです。

 

  • 負荷に応じて Auto Scaling
  • コンテンツをアップロードするだけで各インスタンスにデプロイ完了、それもすんごい早い
  • インスタンスの構築いりません。マネジメントコンソールからポチポチ
  • 複数の言語、複数のアプリケーション環境をサポート
  • 既存のサービス ( EC2、RDS、ELB、CloudWatch ) を使っているので直接設定できる。
  • URL スワップの破壊力。( 今後、説明していきます。)

 

どんだけ管理してくれるんだよってくらい面倒みてくれます。

だからといって、ElasticBeanstalk に全部まかせっきりにできませんよね。さらにお客様の負担を無くす事こそ運用屋さんです。
今後もElasticBeanstalk の運用ノウハウ、トラブルシューティングネタを更新していきたいと思います。

投稿者プロフィール

Rito
★好きなAWSサービス: ElasticBeanstalk
★好きな言語: Python
★最近は elastic 社のサービスを勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

★好きなAWSサービス: ElasticBeanstalk ★好きな言語: Python ★最近は elastic 社のサービスを勉強中。