サーバ動作確認時の定例コマンド ~その1~

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

あけましておめでとうございます。

今年最初のシリーズ記事はアラートを受信したサーバに対して確認を実施するためのコマンド群
スカイアーチネットワークスでは定例コマンドと呼んでいる物をご紹介致します。
2つずつで、全10回程で紹介させて頂きます。

1. uname -n (hostname -f)

目的

ログインしたサーバと、これから作業しようとしたサーバが一致しているか確認する

実行結果

# uname -n
web01.XXXXX.skyarch.net

詳細

” hostname -f ” は、下記ブログ先にもある通り万が一ミスをした時にホスト名が変更されてしまう
おそれがありますので ” uname -n ” を利用すべしという物です。
http://blog.goo.ne.jp/hasenami-word/e/c17afe0c23175b77c4cec0eafe45bd6c

2. date

目的

現在時刻を確認する。時間ズレが無いことを確認する。タイムゾーンを確認する

実行結果

# date
Mon Jan  5 22:46:05 JST 2015

詳細

上記だけでは秒単位のズレが分からないばかりか、ntpサーバとの通信が正常に
行われているかの確認を行えないため、弊社では別の方法で下記も実行しております。

# ntpdate -q ntp.ring.gr.jp
server 163.220.2.2, stratum 1, offset 0.003570, delay 0.03166
server 133.243.237.36, stratum 0, offset 0.000000, delay 0.00000
server 133.243.3.209, stratum 2, offset 0.002533, delay 0.02852
server 133.37.44.6, stratum 16, offset 0.002296, delay 0.05522
server 133.243.237.35, stratum 2, offset 0.006385, delay 0.02991
 5 Jan 22:25:25 ntpdate[2206]: adjust time server 163.220.2.2 offset 0.003570 sec

投稿者プロフィール

takashi
開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て
2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております

機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。
個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も
実施しております。

スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

開発会社での ASP型WEBサービス企画 / 開発 / サーバ運用 を経て 2010年よりスカイアーチネットワークスに在籍しております 機械化/効率化/システム構築を軸に人に喜んで頂ける物作りが大好きです。 個人ブログではRaspberryPiを利用したシステムやロボット作成も 実施しております。 スカイアーチネットワークスで一緒に働きましょう!