【検証】DELL製サーバーでDIAGを行う方法。応用編

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

今年の夏も無事に冷房なしで熱帯夜を乗り越えられましたぁ。

どうもエンジニアの皆さんこんにちは!。
スカイアーチのsasです。お元気でしょうか。

今回はDIAGのCustom Testについて紹介したいと思います。ではでは早速行きましょう。

まずMian Menuから 「Custom Test」を選択します。

custom

 

Device type

Custom Testの利点は診断項目を自由に選択できる点にあります。
VGAモニターは未診断で他の項目を診断したい、HDDとCPUのみを診断したいなどモジュール毎に柔軟な診断を行うことができます。

上記を簡単に説明しますと左側に診断するハードウェアの項目、右上はテストのオプション設定、その下は結果を出力する各タブとなります。

【Custom Testの実行方法】

Custom Testの診断方法なのですが、特にオプションで何も指定してせずに Run Testsを押しますとExtendedモードで実行されます。

左上のAll DeviceをEnterキーで押すと全ての項目が診断対象となりDIAGが実行されます。

ハードウェアを限定して診断を行う場合は対象のモジュール名を選択してEnterキーを押します。

部分的に診断を行わずスキップしたい場合などはSPACEキーを押して対象のモジュール名を半透明にして下さい。

【オプション設定】

Custom Testのオプションは下記の通りです。

  • 1.Non-Interactive Tests Only…非対話形式でテストを行う。
  • 2.Show Ending Timestamp…経過時間を記録する。
  • 3.Log output file pathname…テスト結果をlogファイルで出力する。
  • 4.Continue on Failure…エラーを検出しても続行する。
  • 5.Quick Tests Only…Express Testモード。
  • 6.Test Iterations…診断回数の設定。(最大試行数:99999回)

【例】

  • HDDだけをExpress Testモードで診断し、かつエラーが出力されても最後まで診断を行う場合。
    • →オプション4,5を選択しHDDの項目をEnter。
  • VGA・Serial・USBは未診断でそれ以外のテストをExtendedモードで3周行う。
    • →3項目をSPACEキーで押してオプション,6に” 3 “を入力する。

このようにモジュール毎にDIAGを行えてとても便利です。

Custom TestならDIAGのオプションの設定で実行中にエラーが検出されても途中停止することなく最後まで診断が可能です。

DIAGを実行して帰宅し、次の日出社するとDIAGがエラーを噴いて途中で止まっていた。。。
なんて事はもう起きません。

皆さんも是非、Custom Testを使ってみては如何でしょうか。

投稿者プロフィール

sas
事務所の端っこにある作業場に一人籠もって黙々とサーバのメンテナンスしてます。DELL製のサーバをメインに扱っています。それ以外にもNEC・IBMなど。

企業ブログですが個人的にゆる~く、ほのぼのした内容でやって行きたいと思いますので温かい目で見守って下さい。よしなに。

↓古い記事ですがDELLサーバはすごいというオススメ記事。
【ハリケーンサンディも太刀打ちできない Dell PowerEdge サーバー】
http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2013/01/30/dell-poweredge-hurricane-sandy.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

事務所の端っこにある作業場に一人籠もって黙々とサーバのメンテナンスしてます。DELL製のサーバをメインに扱っています。それ以外にもNEC・IBMなど。 企業ブログですが個人的にゆる~く、ほのぼのした内容でやって行きたいと思いますので温かい目で見守って下さい。よしなに。 ↓古い記事ですがDELLサーバはすごいというオススメ記事。 【ハリケーンサンディも太刀打ちできない Dell PowerEdge サーバー】 http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2013/01/30/dell-poweredge-hurricane-sandy.aspx