ブログサーバ構築(WordPress)

こんにちは、佐藤駿です。
今回はAWSのEC2でサーバ(インスタンス)を起動させ、Wordpressのインストール方法を解説します。
実践される方は、インスタンスに静的なIPアドレスのサービスであるEIPを付与しておくことをおすすめします。

<今回のブログサーバに必要なもの>

①Apache
Webサーバソフトウェア。ブログサーバもWebサーバの一種なので、土台としてこれが必要になります。
まずはWebサーバを構築し、自分で作ったWebページを閲覧してみましょう。

②MySQL
DB(データベース)管理ソフトウェア。ブログサーバのデータをためこみ、管理します。

③PHP
動的Webサイトに必要なプログラム言語。
動的とは、例えばログインする人によって見れる内容が異なる(変化する=動的な)Webページとかのこと。動画が見れるページのことではない。

④WordPress
ブログを作成するためのソフト。

それではさっそくブログサーバ構築に移りましょう。
まずはWebサーバ構築です。

★ rootユーザになる

$ sudo su -

★ Apache(httpd)をインストールする

# yum -y install httpd

★ Apacheを起動させる

# /etc/init.d/httpd start

★ Apacheが起動しているのを確認する

# ps auxf

下記のように、httpdというプロセスが見れればOKです。

apache 2559 0.0 4.0 387556 41740 ? S Mar20 0:01 /usr/sbin/httpd
apache 2560 0.0 4.0 387556 40800 ? S Mar20 0:01 /usr/sbin/httpd
apache 2561 0.0 4.0 387812 41436 ? S Mar20 0:01 /usr/sbin/httpd
apache 2562 0.0 3.7 385460 38704 ? S Mar20 0:01 /usr/sbin/httpd
apache 2563 0.0 6.0 415496 61664 ? S Mar20 0:02 /usr/sbin/httpd
apache 2564 0.0 4.0 387588 41748 ? S Mar20 0:02 /usr/sbin/httpd
apache 2565 0.0 4.7 394964 48584 ? S Mar20 0:02 /usr/sbin/httpd
apache 2566 0.0 6.6 421532 67568 ? S Mar20 0:02 /usr/sbin/httpd

★ Apacheの自動起動をオンにする

# chkconfig --level 3 httpd on

上記コマンドで、サーバ再起動後もApacheが自動で起動するようになります。
※levelの前はハイフン(-)2つです。

★ Apacheの自動起動設定を確認する

# chkconfig --list httpd

※listの前はハイフン(-)2つです。

下記のように「3:on」となっていればOKです。

httpd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:off 6:off

http://インスタンスのパブリックIP にアクセス

Amazon Linux AMI Test Pageが表示されればOKです。Webサーバ構築自体は完了です。

しかし、このページを見ても本当にWebサーバが構築できたのか、よく分かりません。
そこで、少し寄り道になりますが、自分で文章を書いて簡単なWebページを作ってみましょう。

★ Webページの内容を記述したファイルを作成する

# vi /var/www/html/test.html

iで書き込み可能状態になります。
下記内容をコピーして貼り付けて下さい。

<html><body>この部分は自由に書いてみて下さい。</body></html>
[Esc]→:wq→[Enter]で変更を保存

http://インスタンスのパブリックIP/test.html にアクセス

すると、自分で書いた内容が表示されるはずです。
これで、Webサーバを構築した実感が湧くのではないでしょうか。

ではWebサーバ構築はここまでにして、いよいよブログサーバ構築に移りましょう。
まずはRDBMSのMySQLをインストールします。

★ MySQL(サーバ)をインストールする

# yum -y install mysql-server

★ MySQLを起動させる

# /etc/init.d/mysqld start

★ MySQLが起動しているのを確認する

# ps auxf

下記のように、mysqldというプロセスが見れればOKです。

root 2278 0.0 0.3 115344 3096 ? S Mar20 0:00 /bin/sh /usr/libexec/mysql55/mysqld_safe --datadir=/var/lib/mysql --socket=/var/lib/mysql/mysql.sock --
mysql 2475 0.0 4.9 616012 50260 ? Sl Mar20 0:02 \_ /usr/libexec/mysql55/mysqld --basedir=/usr --datadir=/var/lib/mysql --plugin-dir=/usr/lib64/mysql/p

★ MySQLの自動起動をオンにする

# chkconfig --level 3 mysqld on

※levelの前はハイフン(-)2つです。
★ MySQLの自動起動設定を確認する

# chkconfig --list mysqld

※listの前はハイフン(-)2つです。

下記のように「3:on」となっていればOKです。

mysqld 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:off 6:off

次に、PHPをインストールしましょう。

★ PHPおよび関連パッケージのインストール

# yum -y install php php-mbstring php-gd php-mysql

php(PHP本体)に加えて、下記をインストールしています。

  • php-mbstring (PHPで日本語を扱うために必要)
  • php-gd (画像ライブラリを扱うために必要)
  • php-mysql(MySQLとの連携に必要)

★ Apacheの再起動

# /etc/init.d/httpd restart

Apacheを再起動してPHPモジュールを読み込みます。

★ PHPテストファイルを作成する

# vi /var/www/html/test.php

下記内容を貼り付けて保存する

<?php echo phpinfo(); ?>

http://インスタンスのパブリックIP/test.php にアクセス

PHP Version ~のページが表示されればOKです。PHPが正しく動作し、サーバにインストールされているPHPの情報を表示しています。
※こちらのページが表に出たままの状態ですと、クラッキングやハッキング標的になりやすいため、確認後は削除しておきましょう。

★ MySQLにログインする

# mysql -u root

ここからはMySQLの操作になります。
WordPressのためのデータベース・ユーザー・パスワードを作成します。
本番環境で利用する際にはセキュリティを意識したユーザ名やパスワードを使用して下さい
今回はテスト利用のため、下記で進めます。

データベース名:
wordpressdb
データベースを使用するユーザ:
wordpressuser
ユーザのパスワード:
wordpresspassword

下記操作は 対話型のMySQLクライアントにて実行します。

★ データベースを作成する

mysql> create database wordpressdb;

★ ユーザの作成、パスワードの指定

mysql> grant all privileges on wordpressdb.* to "wordpressuser"@"localhost" identified by "wordpresspassword";

※この記事の文をコピーすると「””」が全角になる場合があります。半角に直してコマンドを実行して下さい。
★ MySQL上の変更を反映する

mysql> flush privileges;

★ MySQLからログアウトする

mysql> exit

★ WordPress(圧縮ファイル)をダウンロードする

wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.4.2-ja.tar.gz

※本記事執筆時点の最新ファイルです
★ 圧縮ファイル(WordPress)を展開する

tar zxf wordpress-4.4.2-ja.tar.gz

★ 圧縮ファイルが展開されたことを確認する

ls

下記のように展開されればOKです。

wordpress wordpress-4.4.2-ja.tar.gz

wordpress-4.4.2-ja.tar.gzが最初にダウンロードした圧縮ファイル、それを展開したものがwordpressです。
次は、wordpressをドキュメントルート配下に移動させましょう。

★ wordpressディレクトリをドキュメントルート(デフォルトでは/var/www/html)配下に移動させる

# mv wordpress /var/www/html/wordpress

★ wordpressディレクトリの所有者・所有グループをapacheに変更する

# chown -R apache:apache /var/www/html/wordpress

wordpressディレクトリにapacheユーザがアクセスできるようにするためです。

★ apache所有になっていることを確認する

# ls -ld /var/www/html/wordpress

下記のように表示されればOKです。

drwxr-xr-x 5 apache apache 4096 Mar 20 12:45 /var/www/html/wordpress

★ wordpress配下に移動する

# cd /var/www/html/wordpress/

★ wordpress配下の中身を確認する

# ls

wp-config-sample.phpという設定ファイルのひな形が用意されています。
名前を変えて設定ファイルとし、これを編集します。

★ sampleファイルの名前を変更し、設定ファイルとする

# mv wp-config-sample.php wp-config.php

★ 設定ファイルを編集する

# vi wp-config.php

編集が必要なのは27行目以降の3か所です。
先ほど設定したデータベース名・ユーザー名・パスワードを入力し、保存しましょう。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpressdb');/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wordpressuser');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'wordpresspassword');

http://インスタンスのパブリックIP/wordpress/wp-admin/install.php へアクセス

するとWordPress初期画面が表示されるので、あとは画面の指示に従いインストールを続行して下さい。
※こちらで入力を求められるユーザ名やパスワードは、新規設定するものです、先ほど設定したwordpressuserやwordpresspasswordである必要はありません。

http://インスタンスのパブリックIP/wordpress へアクセス

管理画面でない、WordPressのブログページに飛びます。

ブログサーバ構築は以上です。
後はお好きな記事を投稿してみるなりしてみて下さい。

この構築ができた時、私はとても嬉しかったのですが、読者の方にもそんな気持ちを味わっていただければ、これまた嬉しいです。
では今回はこれにて。

投稿者プロフィール

sato
2015年8月入社。弊社はインフラ屋ですが、アプリも作ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.